編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

CA、IT情報の統合/アクセスに関する仕様策定ワーキンググループに参画

CNET Japan Staff

2006-04-24 19:53

 CAは4月20日、マルチベンダーで構成される複雑なIT環境上の情報を互いに統合し、アクセスを可能にする新しい相互接続仕様を策定するワーキンググループに参画したことを発表した。

 このワーキンググループは、構成管理データベース(Configuration Management Databases:CMDB)とほかのデータリポジトリとの間で情報を共有できるオープンな業界仕様を開発することを目的に、BMC Software、富士通、HP、およびIBMの4社により設立された。

 各ベンダーのツール間で構成情報を共有しできる標準仕様により、企業はCMDBを利用して、分散した複数のデータソースからのIT情報に対し、より正確なビューを作成できるようになる。

 ワーキンググループの主要目的は、IT Infrastructure Library(ITIL)に記述されているIT運用手順をサポートすること。2006年後半に業界規格団体へ仕様のドラフト版を提出する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]