編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ウイングアークと蝶理情報、ファクス文書のウェブ入力自動化で協業

CNET Japan Staff

2007-03-13 19:43

 ウイングアーク テクノロジーズと蝶理情報システムは3月12日、蝶理情報システムのTCP/IP対応ファクスサーバシステム「ライトニングFAX」と、ウイングアークのウェブフォーム「StraForm-X」を連携させると発表した。

 両製品を連携させることで、ファクス受信からデータ入力、入力画面のウェブ保存をシームレスに行えるようになる。具体的には、ライトニングFAXで受信したファクスの内容をOCRで読みとり、記載内容をデータ化。そのデータを確認・保管・活用するための画面と仕組みを、StraForm-Xで構築する。

 これまで時間と工数のかかっていたファクス受信からデータ入力、入力データの照会、入力データの保存・活用の一連の業務を、開発工数をかけずにIT化し業務効率を飛躍的に向上させるソリューションになるという。

 両社は、販売・サポートを含めて協業する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]