ブレードサーバからブレードシステムへ、その先にあるもの--特集:ブレードサーバ市場を探る(8)

柏崎吉一 2007年06月27日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブレードサーバの市場が世界的規模で拡大している。ガートナー ジャパン ガートナー リサーチ ハードウェア&システムグループ エンタープライズ・インフラストラクチャ バイスプレジデントの亦賀忠明氏は、「2006年、ブレードサーバの出荷台数は、世界で33%増加した」と話す。

亦賀氏 ブレード市場について説明するガートナーの亦賀氏

 機能や拡張性についての改善も進み、タワー型サーバやラックマウント型サーバに変わる選択肢としてブレードサーバが急浮上しつつある。日本についても然りだ。2006年は前年比21%の増加だった。

 しかし、世界全体の伸びと比較すると、10%以上の開きがある。その差は何を意味するのだろうか。

 「全般的にITに対する先行投資は欧米のユーザーのほうが果敢。逆に、日本では性能などが成熟するまで待つ慎重さがうかがえる。また、国内では分散化した既存サーバの物理統合などの目的での導入が一巡し、市場に一服感が出てきたことも要因だ」(亦賀氏)

 加えて亦賀氏は、集積度の高いブレードサーバは消費電力や発熱量が大きく、既存のデータセンターの能力がそれに追いついていないことも一因として挙げている。

 そうした中、製品を供給するベンダー側は、新たな価値を付加することでユーザーの投資意欲をかきたてようと模索している。注目されるのが、ブレードサーバ単体ではなく、ネットワークやストレージ製品などを統合したオールインワン型の「ブレードシステム」だ。ビジネスを支える情報インフラを一元化することで、CPUやネットワークの帯域、データの格納領域などのリソースを経営環境の変化などに応じて柔軟に割り当てられるといった統合管理のメリットを引き出す。

 ガートナーのマジック・クアドラントによれば、2006年の段階で、この分野の市場を牽引するリーダー企業はHewlett-Packard(HP)とIBMである。サーバという概念を越え、ブレードを「システム」へと導く流れを先駆的に築き、高い実績を挙げている点で、他のベンダーを引き離している。その2社を、NEC、日立製作所、Dell、富士通などが追う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化