編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

エンドユーザー開発の位置づけがNotes移行のキモ--企業のコラボレーション基盤を考える(8) - (page 3)

富永康信(ロビンソン)

2008-10-13 09:00

顧客企業の要望から生まれたウェブDB製品

 近年、ドリーム・アーツがNotes移行ソリューションを打ち出したのも、あるNotesユーザーがエンタープライズ規模で使え、かつリテラシを問わないDB開発ツールを求めて、同社に相談を持ちかけたことがきっかけだったという。

 ドリーム・アーツでは、EIP(企業情報ポータル)型グループウェア「INSUITE Enterprise」(インスイート)を提供している。ナレッジマネジメントをベースに統合型グループウェアとノンプログラミングのポータル機能を連携して、経営層から現場までもが利用できる「ビジネスコックピット」を売りにしていた。

 そこに、業務支援ソリューション「ひびきシリーズ」の一部として大規模組織向けエンタープライズウェブデータベース「Sm@rtDB」を加え、競合他社が弱みとする簡易DB開発の機能をウェブ型DB機能と文書管理、DB横断検索機能でカバーし、Notes移行ビジネスを推進している(図3)。

Notesからドリーム・アーツ製品への移行マップ Notesからドリーム・アーツ製品への移行マップ(出典:ドリーム・アーツ、画像をクリックすると拡大表示します)

 当の相談を持ちかけたユーザーは、3000を超えていたNotes DBの半分を捨て、残りを現場自らがSm@rtDBで作り直すことで、Notesの完全移行を目指している。データの移行もユーザー側で行うことで大幅なコストダウン効果が得られたという。ただ、移行にあたって「すべてが簡単に」とはいかなかったのも、事実のようだ。

Notes移行には目的を持つことが不可欠

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]