NTTデータ、企業買収で欧州のSAP事業を再度強化--地域とノウハウの獲得狙う

冨田秀継(編集部)

2009-10-09 21:20

 NTTデータは10月9日、欧州のSAPビジネス拡大を目的として、オランダの2B Interactiveとの資本提携を発表した。ドイツの子会社itelligenceが2B Interactiveと持株会社を設立、2B Interactiveはその傘下に入る。NTTデータによる事実上の買収だ。

 2B Interactiveは従業員数約80人のITサービス企業。2008年12月期の売上高は1500万ユーロ(日本円で約20億円)と、規模はそれほど大きくない。(参考:NTTデータシステムズのオラクル事業は12億円の売上規模、NTTデータ先端技術で同2億円

 そのため今回の買収の目的は、事業地域拡大とノウハウの獲得という2点に集約できそうだ。

 事業地域の拡大について、NTTデータは2008年1月にNTT Data Europeを通じてドイツのitelligenceを買収。itelligenceはドイツを中心とした欧州と米国で事業を展開しており、近接するオランダやベルギーでのプレゼンス強化を目的に2B Interactiveを買収したといえる。

 SAPビジネスの強化では、2B Interactiveが得意とする教育機関向けSAPテンプレートと、その開発ノウハウの獲得が目的となった。今後、itelligenceは欧州全体と米国で教育機関向けの需要を掘り起こすことになる。

 なお、NTTデータは今回の買収について「日系企業のグローバルサポートなど、NTTデータ本体のグローバル戦略ではなく、itelligenceのビジネス拡大を目的としている」とコメントしている。

 そのため、今回はNTT Data Europeではなく、itelligenceが60%、2B Interactiveが40%を出資する持株会社を新設し、2B Interactiveをその傘下におさめるかたちでの買収となった。

 NTTデータは9月、SAPビジネス強化を目的にオーストラリアのExtend Technologiesを買収。アジア太平洋地域でもSAPビジネスを強化している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]