オラクル、IFRS見据えた連結決算業務の早期化支援アプリ群を提供 - (page 2)

田中好伸(編集部)

2010-07-14 16:29

 (1)のFinancial Data Quality Managementは、グループ内各社の会計システムから財務データを、ユーザー部門自らが抽出、組み替え、整合性のチェックをすることで連結決算に必要となるデータの品質の向上と、各社からのデータ収集の効率化を同時に実現できるというデータ連携アプリケーションになる。(2)のFinancial Managementは、収集されたグループ各社からのデータに対して、外貨換算や会計基準の組み替え、グループ内取引の消去など連結処理を行って、外部報告と内部管理のためのレポーティングや分析機能などを包括的に提供する連結管理アプリケーションだ。

 (3)のDisclosure Managementは、Financial Managementに蓄積されたデータを活用してWordで作成された文書から、そのままXBRL形式で各種開示書類を作成したり、それらの履歴を管理できるアプリケーション。(4)のFinancial Close Managementは、グループ各社の単体決算と連結決算から開示業務までの全プロセスに対して、スケジュールを策定し、業務フロー設定やアラート機能などで、連結決算業務の早期化を支援するアプリケーションになる。

 今回発表された4製品のうち、Financial Close ManagementとDisclosure Managementが新しいアプリケーション製品であり、そのほかは既存の製品だ。今回のFinancial Close Suiteには、日本特有のビジネス事情や制度対応を考慮して、連結処理機能や帳票類を装備した「Japan Starter Kit(JSK)」が標準機能として提供される。JSKを活用することで、日本の会計制度や今後のIFRS適用でも、短期間で対応することができるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]