ビッグデータ座談会 中編--“すべて”のデータが分析の対象になる

杉山貴章(オングス) 2011年07月15日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hadoopの活用に取り組んでいる3社の担当者に、ビッグデータという観点からITインフラを語ってもらう本座談会。前編「ビッグデータは新しい付加価値を生み出す」では、Hadoopの導入状況や各企業の取り組みについて議論を進めた。

 Hadoopに対するニーズや、その活用メリットを考える上では、「ビッグデータ」というものが何かということをもう少し掘り下げてみる必要がありそうだ。

参加者

  • 石川信行氏(リクルート MIT United システム基盤推進室)
  • 濱野賢一朗氏(NTTデータ 基盤システム事業本部)
  • 山口俊朗氏(日立製作所 情報・通信システム社 ソフトウェア事業部)
  • 冨田秀継(司会、朝日インタラクティブ ZDNet Japan編集長)
座談会は午前10時にスタートし、2時間をかけて討議した 座談会は午前10時にスタートし、2時間をかけて討議した

そもそも「ビッグデータ」とは何か

冨田:「ビッグデータ」という用語が広まる前は、「情報爆発」ということが盛んに言われていました。両者の違いは何なのですかね。この2つが抱える課題に違いがあるとすれば、Hadoopが期待を集める理由も見えてくる気がするんですが。

濱野:包含関係ですかね。「ビッグデータ」には「情報爆発」という意味も含まれると思います。

 情報爆発というと、単に大量のデータがあるというイメージです。しかし、ビッグデータは、それを高速処理することまで含めたニュアンスと捉えています。先ほど言った、データの容量か件数かという2種類のニーズで考えるならば、テレコムサービスのような大容量のデータ処理は「情報爆発」の流れを汲むシステムになりますね。一方でバッチ処理の代替として多くの件数のデータを処理するようなニーズは、ビッグデータになって新たに出てきたことだと思います。

山口:付け加えると、ビッグデータは、これまで扱っていなかったデータまで扱えるようになったイメージがありますね。

 今まで貯めることができなかったデータや、もし貯めたとしても使い道がなかったデータがたくさんあるわけです。そういうデータを活用できるようになったことで、新しい価値を作ることができるようになった。

冨田:使い道がなかったデータを活用して、新しい価値を創出する――具体的にはどういった試みがあるんでしょうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算