編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ビッグデータ座談会 中編--“すべて”のデータが分析の対象になる

杉山貴章(オングス)

2011-07-15 11:00

 Hadoopの活用に取り組んでいる3社の担当者に、ビッグデータという観点からITインフラを語ってもらう本座談会。前編「ビッグデータは新しい付加価値を生み出す」では、Hadoopの導入状況や各企業の取り組みについて議論を進めた。

 Hadoopに対するニーズや、その活用メリットを考える上では、「ビッグデータ」というものが何かということをもう少し掘り下げてみる必要がありそうだ。

参加者

  • 石川信行氏(リクルート MIT United システム基盤推進室)
  • 濱野賢一朗氏(NTTデータ 基盤システム事業本部)
  • 山口俊朗氏(日立製作所 情報・通信システム社 ソフトウェア事業部)
  • 冨田秀継(司会、朝日インタラクティブ ZDNet Japan編集長)
座談会は午前10時にスタートし、2時間をかけて討議した 座談会は午前10時にスタートし、2時間をかけて討議した

そもそも「ビッグデータ」とは何か

冨田:「ビッグデータ」という用語が広まる前は、「情報爆発」ということが盛んに言われていました。両者の違いは何なのですかね。この2つが抱える課題に違いがあるとすれば、Hadoopが期待を集める理由も見えてくる気がするんですが。

濱野:包含関係ですかね。「ビッグデータ」には「情報爆発」という意味も含まれると思います。

 情報爆発というと、単に大量のデータがあるというイメージです。しかし、ビッグデータは、それを高速処理することまで含めたニュアンスと捉えています。先ほど言った、データの容量か件数かという2種類のニーズで考えるならば、テレコムサービスのような大容量のデータ処理は「情報爆発」の流れを汲むシステムになりますね。一方でバッチ処理の代替として多くの件数のデータを処理するようなニーズは、ビッグデータになって新たに出てきたことだと思います。

山口:付け加えると、ビッグデータは、これまで扱っていなかったデータまで扱えるようになったイメージがありますね。

 今まで貯めることができなかったデータや、もし貯めたとしても使い道がなかったデータがたくさんあるわけです。そういうデータを活用できるようになったことで、新しい価値を作ることができるようになった。

冨田:使い道がなかったデータを活用して、新しい価値を創出する――具体的にはどういった試みがあるんでしょうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]