日本IBM次期社長 イェッター氏「21世紀はグローバル人材を活用する世紀に」

冨田秀継 (編集部) 2012年03月30日 21時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 既報の通り、日本IBMは3月30日、社長交代の人事を発表した。

 同社は都内で緊急記者会見を開催し、代表取締役社長執行役員の橋本孝之氏と、次期社長に就任するMartin Jetter(マーティン・イェッター)氏が説明にあたった。

 なお、イェッター氏の詳しい経歴については「日本IBM次期社長に元独法人社長が就任--マーティン・イェッター氏」を参照してほしい。

新社長はCEO“ジニー”直下の戦略担当

 イェッター氏は現在、米IBM本社でコーポレート・ストラテジー担当バイスプレジデント兼エンタープライズ・イニシアチブ担当ゼネラルマネージャーを務めている。

 コーポレート・ストラテジー担当「バイスプレジデント」という立場は、レポートライン上では現CEOのバージニア・M・ロメッティ氏の直下に位置する。経営戦略についてロメッティ氏に直接報告する立場であり、戦略全体を統括、推進する役割を担っていると言えよう。

なぜ後任社長が日本人ではないのか

 橋本氏とイェッター氏が会見で繰り返し強調したのは「人材のグローバル化」だ。

 イェッター氏は「21世紀はグローバル人材を活用する世紀になる」と述べており、橋本氏の後任が日本人でないことに関する指摘を振り払った。

 橋本氏も「IBMはグローバルカンパニーで、常に世界で活躍できるリーダーシップ(経営に近い場所で主導的な役割を果たす人物)を育成し、ライトポジションにあてることをやってきた……IBMグローバルの経営資源は、日本だけでなくグローバルにある。この資源の活用が今後のカギになる」と強調している。

 また、橋本氏は自身の実績を振り返りながら、人材のグローバル化について次のように述べている。


橋本孝之氏

 「私は2009年1月に社長に就任した。当時はいわゆる世界金融危機が起きたばかりで、日本のお客様は大変厳しい経営環境におかれていた。このような状況の中で、IBMではお客様の変革と新たな事業機会の発掘を支援すべく、『Smarter Planet』という社会インフラとITの融合による新しいビジョンを提唱した」(橋本氏)

 「そのSmarter Planetの中で、2010年1月にグローバルIBMの中で先駆けとなる専任組織を社長直轄で設置し、クラウド事業を立ち上げた。日本IBMのクラウド事業は(グローバルの)IBMの中で世界をリードしている。また、昨今注目を集めているビッグデータに関しても、2009年7月に高度な情報技術を経営に活かすアナリティクス事業を開始している。また、日本企業のグローバル化の進展に伴い、2010年にIBMのグローバル統合経営をもとに、お客様がグローバル標準の経営を実践するソリューションを体系化した。そして、2012年4月から実証実験が始まる北九州スマートコミュニティ創造事業、さらに仙台・石巻をはじめとした被災地の復興計画にも積極的に参加する『Smarter City』に取り組んだ。これらのクラウド、BAO(ビジネス分析最適化)、Go Global(グローバル化の支援)、Smarter Cityと言ったようなSmarter Planet実現に向けた第1フェーズを私自身が完了できたというように思っている」(橋本氏)

 「そしていよいよ第2フェーズに入るわけだが、これらの施策を加速するためには、全世界に分散しているIBMの経営資源を総合して日本のお客様に提供していく必要がある。お客様のグローバル化はますます加速しており、この期待に答えていくためには、人材、情報、知見といったグローバルな資源を最大限投入していく必要がある」(橋本氏)

 イェッター氏は1986年、アプリケーションエンジニアとしてドイツIBMに入社。欧州や中東で経験を積む機会を得るなど、「数々のオポチュニティを与えられた」という。特に印象に残っている仕事は、当時、米IBM会長兼CEOを務めていたルイス・ガースナー氏のエグゼクティブアシスタントを務めたことだという。

記者の質問に答えるイェッター氏。会見には多くの報道陣がつめかけた
記者の質問に答えるイェッター氏。会見には多くの報道陣がつめかけた

 それゆえ、「IBM本社でも、リーダーシップは、南アフリカの人がいたり、イタリアの人がいたり、非常にカラフルだ……ビジネスがグローバル化するのは今、正に自然な流れだと考えている。だからこそ、人材をグローバルに採用していかなければならない」と語る。

 5月15日付けの社長交代までは、しっかりと引き継ぎをしたいと語るイェッター氏。橋本氏とは長年に渡って友人として交際していたとも述べており、「この任に就くにあたり、さまざまに指導してもらえることを頼もしく思うとともに、楽しみにもしている」と語る。橋本氏も今後は「会長として新社長を支援する。また、お客様、パートナー、政府など、ステークホルダーとの関係強化に注力していく」とコメントしている。

社長交代とスルガ銀行との係争の関連は

 なお、会見では、スルガ銀行と日本IBMとの裁判(3月29日に日本IBMが敗訴、30日に東京高裁に控訴)との関連を問う声もあがった。橋本氏は「今回の人事とは全く関係ございません」とコメントしている。

 また会見後、記者団の取材に応じた橋本氏は「後継者リスト」を作成していたことを明らかにしており、その中にイェッター氏の名前があったことを認めている。このリストは橋本氏個人のものというよりも、事業継続計画の一環として企業が作成するような性格のものであったことが伺える談話だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]