編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
大河原克行のエンプラ徒然

CEATEC JAPANの変化は「次代の先取り」か「苦肉の策」か - (page 2)

大河原克行

2012-10-09 13:28


 最先端のスマート家電がここまで展示されたイベントは過去にはなかった。これからの家電が、自動車やスマートフォン、ネットワークと接続し、より豊かな生活へと変化していくであろうことは、今回の展示から十分に感じることができた。この点では、未来を予見する展示会であったといえよう。

 だが、日本では地上デジタル放送への完全移行後にテレビ需要が低迷。それを背景にテレビ関連製品の展示が減少したという動きは確かだ。これは日本固有の状況を反映したものといえるが、グローバルを唱うCEATEC JAPANの位置づけを考えれば、テレビの展示はもっとあっても良かっただろう。

 テレビの展示を見送った裏返しとして、まだ現実化するには時間がかかるスマート家電の展示に走ったとしたならば、それは苦肉の策でしかない。

 そして、今年1月の米ラスベガスの「International CES」、今年9月のIFA 2012と、エレクトロニクス関連の大規模なイベントを現地で取材してきた感想からいえば、CESとIFAが拡大基調にあるのに対して、CEATECは縮小傾向にあることを感じざるを得ないのが率直な感想だ。

 昨年のCEATEC 2011の来場者数は17万2137人であり、実際に今年の来場者数は減少している。会場を訪れてみれば、それ以上に来場者が減った印象を受けるし、大手電機各社の展示スペースも縮小した感が否めない。CESやIFAに比べても、各社の展示ブースは明らかに小さい。

 繰り返しになるが、今年のCEATECが大きく変化したのは紛れもない事実だ。だが、それが前向きの変化なのか、後ろ向きの変化なのかで、その意味合いは大きく変わる。

 来場者が前年よりも減少したという事実は、多くの人から前向きの変化と評価されていないのかもしれない。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]