編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
三国大洋のスクラップブック

ソフトバンクは「教科書通りの破壊」を決められるか

三国大洋

2012-11-30 20:19


 前回は「ドン・キホーテ 孫正義を米国で待ち構える二つの巨大な風車」と題して、ソフトバンクのスプリント買収計画を吟味した。

 スプリントは、はたして「お買い得」か、あるいは「安物買い」なのか。そして、ソフトバンクが挑戦する米携帯通信市場には、どうやらAT&Tとベライゾンという二つの巨大な風車がありそうだということを示した。

 今回は、上位2社が採用した新たな料金体系と、それに追随せず「下流食い」に走る下位キャリアの動きを紹介することで、この市場の現状をまとめる。

 最後にはソフトバンクの挑戦を検討してみよう。同社はこれまでも「Yahoo! BB」と「SoftBank」というブランドで、ブロードバンドと携帯電話の両市場をdisrupt(破壊)してきた。米国市場でも「教科書通りの破壊」を仕掛けられるだろうか。

2Gから3Gへの移行期にiPhoneで飛躍したソフトバンク、3Gから4Gへの移行期にある今、米国でiPhoneに代わる武器を持てるか(提供:ソフトバンクモバイル)
2Gから3Gへの移行期にiPhoneで飛躍したソフトバンク、3Gから4Gへの移行期にある今、米国でiPhoneに代わる武器を持てるか(提供:ソフトバンクモバイル)

新料金体系に移行した二強

 米国市場ではモバイルデータのトラフィック急増にたまりかねた大手2社が、すでに従量制課金に移行している。さらにこの2社は、顧客のつなぎとめを狙ったモバイルデータ通信のファミリープランなるものを、今年の夏あたりから導入し始めている。

 ファミリープランは、一契約でデータを共用する家族の数が多かったり、一人の場合も携帯通信網につなぐ端末(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)の数が多いほど割安になるという内容。だが、「中味がわかりづらい」「単身者でしかもスマートフォン1台のみといった場合には実質的な値上げ」などといった声も聞かれ、一部では評判が芳しくないプランだ。また、これにともなって「どうすれば一番安く済ませられるか」という話もよく出ていた。

 このCNET News.comの記事には、「月4GBのプラン(70ドル)にスマートフォン1台(40ドル)を合わせると、AT&T、ベライゾンとも月額110ドル」「月3GBに押さえてもAT&Tで90ドル(通話やSMS込み)」などとある。「4GBも何に使うのか」と不思議に思ったりもするが、固定線のブロードバンドがそれほど行き渡っていない米国の事情を考えると、「YouTubeやNetFlixをLTE対応スマートフォンやタブレットで」というユーザーがある程度多くなるのも自然なことだろう。

 二強のなかでもLTEサービスの展開で先行するベライゾンは10月半ば、6〜9月期に新規加入者の純増数が長期契約だけで150万人も増加(過去4年間で最高)、スマートフォンユーザーがコンシューマー顧客全体の53%に達し、1契約あたりの売上(Average Revenue Per Accountで、ARPUではない点に注意)も145ドル42セント(前年同期比6.5%増)まで増えた、などと発表していた。簡単にいうと、ベライゾンではLTE関連の投資がほぼ一巡し、すでに刈り取り時期に入っているということだろう。

 ただし、これと平行する形で進む流れとして、低価格が売りのプリペイドプランを提供する各社の伸びが目立ってきている点も目を惹く。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]