編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

HPとMS、DWH専用機新製品--HadoopのデータをExcelで直接分析 - (page 2)

三浦優子

2013-04-23 16:56

 「これまではデータをHadoop側からDWH側に持ってくる際にボトルネックが起こっていた。しかし、新製品は業界で初めてHadoopとのリアルタイムを実現したことで、DWHデータフィールドで起こっていたボトルネックを解消することができた。しかも、データ分析作業はExcelを利用できることで、新たに人を育てることなくデータのビジュアライズ化を実現する。サーバ側も世界で最も売れているラックマウントのProLiant DL360p Gen8を採用することで、サーバ運用の簡便性も高める作りとなっている」(日本HP エンタープライズ・インフラストラクチャー事業統括 サーバ&ネットワーク製品統括本部 統括本部長 橘一徳氏)


HP AppSystem for SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse

 日本マイクロソフト側でも「お客様の話を聞くと、おおよそ7割がデータを即時利用せず、早くても週次、月次、3カ月単位で非構造データをため込んでいる。この要因のひとつがハードウェアのパフォーマンスが足りないため。今回の提携で大量データの高速処理を実現し、データ分析に使い慣れたExcelを活用することでビッグデータの“民主化”を実現する」(日本マイクロソフト 業務執行役員 サーバプラットフォームビジネス本部 本部長 梅田成二氏)と、今回の協業でビッグデータを活用に拍車がかかるとの見通しを示している。

 日本HPと日本マイクロソフトは、これまでのデータベース分野での協業として、最大限の性能を引き出す「Microsoft SQL Server」と対称型マルチプロセッシング(SMP)サーバの最適構成「Microsoft SQL Server Fast Track Data Warehouse」のリファレンスモデル、フラッシュメモリストレージ(SSD)とハイエンドサーバを組み合わせたアプライアンス製品「Microsoft SQL Server SSD Appliance」などを提供してきた。

  • HPとMSの戦略的提携

  • 日本HP本社にAppSystem Lab.を新設

  • 世界標準のDWHアプライアンスという

  • AppSystem for PDWの製品概要

  • Hadoopとリアルタイムに連携する

  • 高性能で高価格性能比という

  • AppSystem for PDWを構成するコンポーネント

  • AppSystem for PDWのハードウェア構成

  • データ容量の増加に柔軟に対応できる拡張性があるという

  • 以前から続けている両社の協業による成果

  • 両社の協業をより強化した今回のポイント

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]