編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

システム統合連携基盤ソフト「Talend」新版--ビッグデータやクラウドへの対応を強化 - (page 3)

三浦優子

2013-05-24 11:26

 日本でのTalendのパートナー企業としてウルシステムズ代表取締役社長の漆原茂氏も会見に同席。日本企業のシステムの現状について「最近、システム開発のやり方が大きく変わっている」と表現。以下のように説明している。

 「例えばデータの置き方がこれまでのRDBの中に置くスタイルから、クラウド、ビッグデータによってHadoop、NoSQLに置くことが当たり前となった。そのためにいちいちすべて作り込むのは非効率的。データの種類が増えたことで、1社で全て対応するのは難しく、ベンダーロックイン環境からオープンソースの世界への移行が当然となった」


ウルシステムズ代表取締役社長の漆原茂氏

 漆原氏はTalend製品のメリットをこう解説した。

 「こうした変化を受け、日本のシステム統合も従来の企業ごとにシステムを開発するスタイルから、変化しなければならない。その変化の時代、質の高いシステムを要求する日本のお客様に向け、Talend製品を利用することでビジネス価値の高いITを提供していきたいと考えている」

  • Talend v5.3ではHadoop Pigのビジュアルマッピング機能を搭載している

  • Talend v5.3ではビッグデータ対応機能を強化している

  • Talendのパートナー企業

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]