ベトナムでビジネスをする

ベトナムへの進出「カモがネギ背負って」……にならないために

古川浩規(インフォクラスター) 2013年07月30日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現地法人設立の最初の手続き「投資証明書」

 前回は、ベトナムとの業務提携を始める際の、一つのやり方について紹介しました。これ以外にも、「オフショア開発.com」といったサイトを活用して、ベトナムでの業務の足掛かりを調べる方法もあります。このサイトでは、無料でオフショア開発一括見積や資料請求ができるので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。

 さて今回は、ベトナム進出に際しての注意点について、紹介していきます。

 「試しに始めてみたオフショアが思いのほか好調だった」「社内方針で中国拠点を縮小し、ベトナム拠点を立ち上げることになった」といった場合、ベトナムへの本格的な進出準備を行うことになります。

 報道や投資セミナーが日本で盛んである通り、日本企業のベトナムへの進出は非常に活発になっています。実際、ハノイ、ダナン、ホーチミンの各市にある日本人商工会は、いずれも加盟団体数が大きく増えています。

 また、ベトナム政府はIT産業を奨励投資分野に指定しており、IT企業に対して投資優遇を準備していることも、追い風と言えるでしょう。多くの読者の皆様に関連すると思われる「ソフトウェア、プログラムの開発」「ソフトウェアサービスの提供」は、最上位の「投資特別優遇分野」に指定されており、税金などの優遇措置が受けられます。

 外国人投資家がベトナムで会社を設立する際の最初の手続きとなるのが、「投資証明書の取得」です。投資証明書は、設立後の多くの手続きで必要とされる大切な書類であるため、現地の法律事務所や進出支援コンサルタントを頼ることが多いようですが、個人的には、あまりにも頼り過ぎているという印象を持っています。

 前回にも記載しましたが、「分からないから専門家に任せる」ことで一安心とするのではなく、「可能な限り自分で情報収集して事に当たる」ことが重要です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算