「iPad Air」対「Kindle Fire HDX」--画面からアクセサリまで9項目で徹底比較 - 3/11

Adrian Kingsley-Hughes (Special to CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-11-15 07:30

プロセッサ

 プロセッサは、あらゆるタブレットの心臓部と言える。われわれが目にするのはディスプレイだが、プロセッサによってデバイスの成否が分かれるのだ。

・iPad Airには、1.4GHzのAppleの「A7」という、64ビットのARMv8-Aアーキテクチャを採用したデュアルコアCPUと、「PowerVR G6430」というGPUを搭載したプロセッサが採用されている。

・Kindle Fire HDXには、2.2GHzの「Snapdragon 800」というクアッドコアCPUと、「Adreno 330」というGPUを搭載したプロセッサが採用されている。

判定

 この判断は難しい。AppleのA7が高速なプロセッサであるのは疑いようもなく、デュアルコアでありながらクアッドコアを圧倒する性能を誇っている。しかし、Snapdragon 800はより多くのコアを搭載しているため、処理上の負荷が増加した際でも作業を分担して実行できるはずだ。

 筆者はいずれの製品においても適切な処理能力が実現されていると感じているため、この勝負は引き分けにしたい。

プロセッサ

 プロセッサは、あらゆるタブレットの心臓部と言える。われわれが目にするのはディスプレイだが、プロセッサによってデバイスの成否が分かれるのだ。

・iPad Airには、1.4GHzのAppleの「A7」という、64ビットのARMv8-Aアーキテクチャを採用したデュアルコアCPUと、「PowerVR G6430」というGPUを搭載したプロセッサが採用されている。

・Kindle Fire HDXには、2.2GHzの「Snapdragon 800」というクアッドコアCPUと、「Adreno 330」というGPUを搭載したプロセッサが採用されている。

判定

 この判断は難しい。AppleのA7が高速なプロセッサであるのは疑いようもなく、デュアルコアでありながらクアッドコアを圧倒する性能を誇っている。しかし、Snapdragon 800はより多くのコアを搭載しているため、処理上の負荷が増加した際でも作業を分担して実行できるはずだ。

 筆者はいずれの製品においても適切な処理能力が実現されていると感じているため、この勝負は引き分けにしたい。

提供:Apple and Amazon

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]