データサイエンティスト講座

統計解析ソフト「R」を使う--環境構築と利用方法の基本

伊藤徹郎(ALBERT) 2014年05月27日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでの連載の中でデータ分析における注意点や可視化方法などを説明してきました。いよいよ心構えはできたということで、実際のデータを分析していきましょう、と言いたいところですが、まずはデータを分析する環境を整える必要があります。そこで、今回は近年非常によく活用されるようになったオープンソースのツール「R」の使い方を解説していきます。

Rをダウンロードする

 まずはこちらからご自身のPC環境にあったRをダウンロードしましょう。Rはフリーのソフトウェアなので、特に費用はかかりません。原稿執筆時点(4月)では3.1.0が最新のバージョンになっています。その際、CRANのミラーサイトの選択をする必要があります。日本ではミラーサイトが複数あり、Hyogo、Tokyo、Tsukubaがありますが、お好みのものを設定してよいでしょう。インストールが完了し、Rを起動すると下記のような画面が立ち上がります。


 これがRのコンソール画面です。この画面で操作します。これで準備は完了です。

Rで何ができるのか

 普段、Excelのようなツールを用いて分析している方には、このコンソール画面に慣れないと感じられる方も多いでしょう。まずは、Rでどのようなことができるのか概観しましょう。画面にdemo(graphics)と打ち込んで、Enterキーを押すと、Rでの分析結果のデモを見ることができます。



 また、直接Rのコマンドを打って実行してもかまいませんが、書いている途中で誤って実行してしまったりすることもあるので、「ファイル>新しいスクリプト」より、エディタを立ち上げて、そちらにコードを書きながら実行していく方法をオススメします。

 Rを終了させたい場合は、quit()コマンドまたは「ファイル>終了」を選択してください。

 また、最近では「R studio」という統合環境のツールも普及しており、こちらを利用する方も増えています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算