「情報通信白書」最新版を読む

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(前編)--世界で戦うには何が必要か - (page 5)

田島逸郎

2014-10-03 07:00

日本のICT産業が世界で戦うには

 以上で見てきたように、日本のICT産業は海外に比べて国際競争力が低い傾向にある。しかし、日本企業に現在ある強みを活かしながら弱みを減らしていく方向性はあるだろう。日本のICT産業では、製品やサービスの機能や品質、開発力が強みと認識されている一方で、意思決定速度が遅いことや価格競争力が弱みとされている傾向にある。また、日本では企業の新陳代謝が乏しく、新規上場企業が少ないことが欠点として挙げられる。


「我が国ICT産業における強みと弱み」出典:「平成26年版情報通信白書」(総務省)
原出典:総務省「ICT産業のグローバル戦略に係る成功要因及び今後の方向性に関する調査研究」(平成26年)

「各国の廃業率と開業率」出典:「平成26年版情報通信白書」(総務省)
原出典:中小企業庁「2014年版中小企業白書」(平成26年)

 特殊なレイヤとして、上位レイヤ(プラットフォーム)では、サービス開始初期から急激にユーザー数が伸びる傾向にある。例えばLINEなどは19カ月で1億人を突破しており、TwitterやFacebookより速い。ユーザー数は囲い込みの観点でも重要で、M&Aによる事業拡大も内外で多く見られる。また、スマートフォンゲームアプリ市場では、日本と日本企業が顕著な売り上げと成長を見せている。この他、さまざまなレイヤでの国際競争力の向上方法とその事例について挙げられている。

(中編に続く)

田島逸郎
いくつかのスタートアップに関与しながら、スマートフォン情勢に関心を持ち、個人的に調査、記事の執筆などを行っていた。現在は地理空間情報系のスタートアップで、主にGISやオープンデータなどに携わる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]