編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スーパーストリーム、クラウドとオンプレミス間のファイル連携オプション

NO BUDGET

2014-12-02 07:30

 スーパーストリームは12月1日、「SuperStream-NX システム連携ツール」のオプションとして、クラウドとオンプレミス間のファイル連携を容易に実現する「SuperStream-NX クラウド接続オプション」の販売を同日から開始すると発表した。価格は60万円(税別)から。

 SuperStream-NXシステム連携ツールは、同社の経営基盤ソリューション「SuperStream-NX」と、さまざまな業務システムとの連携を行うEAI(Enterprise Application Integration)ツールで、システム間の連携をノンプログラミングで低コストに実現する。スケジューラ機能による自動処理を実行することで、人手を介さず異なるシステム間のマスタデータを連携できるため、業務プロセスの自動化や効率化が可能という。

 今回のSuperStream-NXクラウド接続オプションは、同ツールのオプションとして、SuperStream-NXをはじめとするクラウドシステム間またはクラウドシステムと、オンプレミスとのシステム間のファイル連携を安全、容易に実現するツールとなっている。

 本オプションを利用することで、新たなVPN導入やファイアウォールの設定を変更することなく、セキュリティが確保された環境でクラウドとのファイル連携を自由に行うことが可能となる。


SuperStream-NXクラウド接続オプション 機能概要(スーパーストリーム提供)

 主な特徴は以下の通り。

・クラウドとオンプレミスを意識せずにファイル連携

 ユーザーは、業務システムがクラウドとオンプレミスのどちらに構築されていても、あたかも社内の同一ネットワークにあるシステムのように、ファイルの入出力や保存ができる。

・必要な環境はインターネットのみ

 ファイル連携はHTTP/HTTPSベースで実施するため、インターネット接続環境があればクラウドシステムとファイルを連携できる。VPNなどのコストを要するセキュリティ対策は不要。

・操作、設定もしやすく

 ユーザーは指定のフォルダにファイルを保存するだけで、クラウドシステムとファイルを連携できる。技術的知識を必要としないため、ユーザーを問わずファイルの自動連携が可能としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]