編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

プライベートクラウドを独自開発する理由--サイバーエージェント - (page 2)

重森 大

2015-03-18 06:30

コスト以外のものに価値を見出せるかが分岐点

 篠原氏は「新しいことをどんどんやってみればいい、トライ&エラーの積み重ねも重要だという企業文化も、大きな後押しになった」と言う。明確に計画されているパブリッククラウドとは違い、プライベートクラウドのコスト面での効果を正確に把握するのは難しい。データセンターのコストや担当する従業員の人件費まで試算して、パブリッククラウドと比較するのはほとんど不可能だろう。そのような背景がありながらも、同社がプライベートクラウド構築へと歩みを進めたのは、確かに企業文化に負う部分が少なくなかっただろう。


 ただ、篠原氏は企業文化について語った後に「コストだけを比較すると、標準化が進み、規模の経済が働くパブリッククラウドを上回る価値を見出すのはおそらく難しい。そうではなく、コスト以外のところにどのような価値を見つけるかが大きなポイントになる」と加えた。

 プライベートクラウドが効果を発揮する例として、圧倒的なコンピューティングパワーを必要とするオンラインゲームなどのアプリケーションをオンプレミスのサーバで動かし、フロントとなるウェブ画面をプライベートクラウドで運用するといったケースがあるという。こうしたハイブリッド構成は、インターネットを経由するパブリッククラウドより同じデータセンター内にあるプライベートクラウドの方が構築しやすい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]