編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

プライベートクラウドを独自開発する理由--サイバーエージェント - (page 3)

重森 大

2015-03-18 06:30

OpenStackでの実証を経て管理基盤を独自開発

 プライベートクラウドに取り組む意義が分かったところで、それを実現するのは容易ではない。「最初は定番通り、OpenStackを使ってプライベートクラウド基盤を構築した。しかし実際の運用にかかる手間が掛かり過ぎるというのが実感だった」と田中氏。例えば、新サービスのために数百台の仮想マシン(VM)を新規に起ち上げるとする。それらの機器を管理するため、ラッキングされた場所と機器をひもづけて管理したいのだが、これらは手作業で対処する以外になかった。


 また当時のOpenStackではMACアドレスを参照してラックを振り分けるといった細かい調整もできなかったという。近年SDNなどのキーワードをメディアが取り上げ、ネットワーク機器や仮想サーバ基盤が対応を進めているものの、パブリッククラウドと並ぶほどの運用性にはまだ遠いというのが、サイバーエージェントの判断だった。

 こうした経験を経てサイバーエージェントは、OpenStackに足りない機能を自社開発して補うという道を選んだ。「Clover」と名付けられた独自のプライベートクラウド管理基盤は、約1年という短期間で作り上げられた。「スーパーエンジニアがいたのでできたこと」と篠原氏は語るが、OpenStackで一度プライベートクラウド基盤の構築と運用を経験し、そこで不足するもの、自分たちが求めるものが明確化されていたからこそ実現できたことでもあっただろう。

 ネットワークの中核には、F5ネットワークのApplication Delivery Controller(ADC)である「VIPRION」を採用した。ADC製品群の最上位シリーズで、F5の中核をなすロードバランサ「BIG-IP 1500」などF5製品を使い続けてきたサイバーエージェントのインフラチームにとって、なじみのある製品だった。「パフォーマンス、安定性、運用を考えると、一時使っていた安価な他社製品よりも優れていた」とのこと。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]