編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向
スマートマシン時代の到来

スマートマシンの台頭が雇用とビジネスに与えるインパクト - (page 3)

林 雅之

2015-03-19 07:00

人工知能を核としたプラットフォーム覇権

 プラットフォームの領域でもビジネスが加速していくと考えられる。例えば、スタートアップ企業のBrainは、人工知能用の学習するマシンOSとして「BrainOS」のベータ版を公開した。

 まだBrainOSはベータ版の段階であり、ビジネスの展開はこれからではあるが、BrainOSのようにOSをプラットフォームとして、ロボットなどのハードウェアとOS上で動くアプリケーションの組み合わせたインテグレーションモデルも本格化していくだろう。

日本でのビジネスは

 日本では、オルツがパーソナル人工知能(P.A.I)「al+」を3月中にiOS向けに配信を予定している。利用者の利用頻度の高いSNSやアプリケーションと連携し、自動的に利用者の思考を学習して、アプリケーション上に仮想のコピー人格を生成するというアプローチだ。


パーソナル人工知能(P.A.I)「al+」の画面イメージ

 オルツでは、リリースから1年以内に500万人の獲得を目標としており、利用者数が増加すれば、その思考精度は加速度的な向上ができるという。

 日本でも、人工知能を活用したビジネスでの活用が始まっている。みずほ銀行は、2月にオペレーター業務の効率化と品質の向上のため、IBMが提供する「Watson」を神奈川県のコールセンターへと部分的に導入し、来夏には全席に展開予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]