編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
スマートマシン時代の到来

スマートマシンの台頭が雇用とビジネスに与えるインパクト - (page 2)

林 雅之

2015-03-19 07:00

人工知能が生み出す新たなビジネス領域

 米投資家のShivon Zilis氏は2014年12月、人工知能関連でビジネスを展開する企業をコアテクノロジ、企業向け、産業別などのカテゴリ別に分類した「Machine Intelligence Landscape」を公開した。

 コアテクノロジでは、人工知能や機械学習、深層学習、画像認識、音声認識、予測APIなどで分類している。企業向けでは、セールスやセキュリティ、詐欺防止、人事、マーケティング、秘書業務、インテリジェントツールに分類している。

 産業別では、広告から、農業や教育、金融、法務、製造、医療、ガス石油、メディア、NPO、自動車、小売など、あらゆる分野において利用が始まっている。

 HCI(human-computer interaction)では、拡張現実(AR)、ジェスチャー認識、ロボット、感情認識に分類しており、ロボットの分野では、ソフトバンクが唯一日本企業で名前を連ねている状況だ。


出所:Machine Intelligence Landscape 2014.12

 「Machine Intelligence Landscape」には、大手企業ではGoogleやFacebook、IBM、Microsoft、そして、百度(バイドゥ)などの大手企業も名前を連ねている。大手企業各社は、自社のサービスに取り込み、新たな収益機会を生み出すためのアプローチを強化していると考えられる。

 Googleは、2014年に人工知能を開発するシリコンバレーのスタートアップ企業DeepMind TechnologiesをFacebookとの競合の末、5億ドルで買収した。また、ユーザーの利用パターンを学習する空調システムを展開するNest Labsを32億ドルで買収、2013年にもロボットベンチャー7社を買収するなど、積極的な買収を行っている。

 Facebookは2013年9月に人工知能研究所のFacebook AI Researchを開設。2015年1月には音声認識技術を開発するWit.aiの買収を発表し、同じ1月に人工知能のオープンソース開発環境「Torch」の深層学習モジュールをオープンソースで公開すると発表した。

 IBMは2014年1月に、2000人規模で構成するWatson Groupの設置を発表し、本格的な事業化に向けて10ドルを投資し、10年間で100億ドルの売上目標を掲げている。

 百度は2014年5月に、カリフォルニア州にシリコンバレーAIラボを開設するとともに、人工知能領域で世界的な権威でありStanford大学教授で人工知能のプロジェクトを率いていたAndrew Ng氏を所長に招いている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]