編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

マイクロソフト、「Office 365」でモバイルデバイス管理機能を提供

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-31 11:14

 Microsoftは米国時間3月30日、「Office 365」でモバイルデバイス管理(MDM)機能を一般提供すると発表した。2014年10月に明らかにしていた計画に基づくもので、今後4〜6週間かけて展開するという。このMDM機能はOffice 365のBusiness、Enterprise、EDU、Governmentの各エディション向けに無料で提供される。

 MDMを直接Office 365に組み込むことで、デバイスだけではなく、スマートフォンやタブレットにあるアプリとデータも保護できる。プラットフォームは「Windows」「iOS」「Android」に対応する。管理者はこれを利用して、ポリシーベースで端末を管理できるようになり、必要に応じて遠隔から個人データは保持しながら企業のデータだけを消去できる。

 今回提供するMDM機能の主要な目的は電子メールの保護にある。ユーザーは下記の機能を利用できる。

  • 条件付きアクセス:企業の管理下にありITポリシーを適用した端末のみが、Office 365にある企業メールとドキュメントにアクセスできるようにする。
  • デバイス管理:デバイスレベルのPINロック、脱獄の検出といったセキュリティポリシーの設定と管理。これにより、デバイスを紛失したり盗まれた場合でも、許可されていないユーザーが企業のメールやデータにアクセスするのを禁止できる。
  • 選択的消去:従業員の個人データはそのまま残し、Office 365の企業データのみをデバイスから消去する。

 より堅牢なMDM機能を必要とするユーザー向けに、Microsoftは「Microsoft Intune」をスタンドアロンの有料サブスクリプション形式で、また「Enterprise Mobility Suite(EMS)」の一部として提供している。Microsoftは毎月Intuneを更新しており、新機能を追加している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]