編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、「Office 365」でモバイルデバイス管理機能を提供

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-31 11:14

 Microsoftは米国時間3月30日、「Office 365」でモバイルデバイス管理(MDM)機能を一般提供すると発表した。2014年10月に明らかにしていた計画に基づくもので、今後4〜6週間かけて展開するという。このMDM機能はOffice 365のBusiness、Enterprise、EDU、Governmentの各エディション向けに無料で提供される。

 MDMを直接Office 365に組み込むことで、デバイスだけではなく、スマートフォンやタブレットにあるアプリとデータも保護できる。プラットフォームは「Windows」「iOS」「Android」に対応する。管理者はこれを利用して、ポリシーベースで端末を管理できるようになり、必要に応じて遠隔から個人データは保持しながら企業のデータだけを消去できる。

 今回提供するMDM機能の主要な目的は電子メールの保護にある。ユーザーは下記の機能を利用できる。

  • 条件付きアクセス:企業の管理下にありITポリシーを適用した端末のみが、Office 365にある企業メールとドキュメントにアクセスできるようにする。
  • デバイス管理:デバイスレベルのPINロック、脱獄の検出といったセキュリティポリシーの設定と管理。これにより、デバイスを紛失したり盗まれた場合でも、許可されていないユーザーが企業のメールやデータにアクセスするのを禁止できる。
  • 選択的消去:従業員の個人データはそのまま残し、Office 365の企業データのみをデバイスから消去する。

 より堅牢なMDM機能を必要とするユーザー向けに、Microsoftは「Microsoft Intune」をスタンドアロンの有料サブスクリプション形式で、また「Enterprise Mobility Suite(EMS)」の一部として提供している。Microsoftは毎月Intuneを更新しており、新機能を追加している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]