ハイブリッドクラウド座談会(3):SDNやDockerは何を変えるのか - (page 2)

怒賀新也 (編集部) 山田竜司 (編集部) 吉澤亨史 2015年10月08日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ZDNet Dockerがよく使われそうなアプリケーションは。

紫関氏 Dockerが一番便利なのは、今までハイパーバイザが得意としていたようなところで、オンプレミスで稼

 働していたアプリケーションをクラウドに移す「Cloud Enabled(クラウド・イネーブルド)」ですね。これまでオンプレミスで動かしていたものを、DockerファイルやDockerイメージにアーカイブする「ShrinkWrap」という機能を使います。

 そしてDockerコンテナはLinuxであれば基本的にどこでも置いておけます。こういう用途がすごく多い。PaaSとの兼ね合いでいうと、PaaSは2通りありまして、OpenStackのオーケストレーション機能である「Heat」のテンプレートであるHOT(Heat Orchestration Template)形式をPaaSと呼ぶのであれば、それは「ホワイトボックス」のPaaSといえます。

 要するに、オーケストレーションを非常に高いレベルの抽象度でデプロイできますが、デプロイしたら最後、デプロイしたインスタンスに対しては非常に低レベルまでコントロールができます。

 それに対して、Cloud FoundryやOpenShiftによるPaaSは、「ブラックボックス」のPaaSといえます。デプロイするときも抽象化されているし、デプロイされたあとも抽象化されているわけです。

 このためギリギリまでパフォーマンスをチューンアップしたり、ファイアウォールのコントロールといったことは基本的にできません。でも、マイクロサービスのようなアーキテクチャでアプリケーションも複数のサービスで連携させて動かすときには、サービスコンポーネントが必要になってきます。そこの部分でDockerは非常に良い選択肢になると思います。

 ブラックボックスのPaaSは手軽にアプリケーションを作ることにも適しています。たとえば今までオンプレミスで動いていたシステムを、クラウド上のアプリケーションと連携させたい、しかも単にクラウドで動かすのではなく、PaaSであるCloud Foundryと絡めたいときは、Dockerのコンテナをそこで立ち上げ、つなげてしまうこともできる。これは非常に強力だと思います。


日本オラクル クラウド・テクノロジー事業統括 クラウド・テクノロジー製品戦略統括本部 Cloud/Big Data/DISプロダクトマーケティング部 部長 佐藤裕之氏
クラウド、ビックデータなどのビジネス開発・マーケティングを担当し、新たなIT基盤を普及すべく日本市場の開拓に従事、以前はエンジ ニア部門長として顧客への導入技術支援に従事

佐藤氏 多少くり返しになりますが、現時点ではDockerをはじめクラウドならではのアジャイルな開発環境をそろえつつ、新しいテクノロジでは担保できないものもあるので、従来のものも同時にご用意しています。何を並列につなげるかは非常に難しいと思いますが、今みなさんがおっしゃっったキーワードになるものはご提供していて、自由に選択していただいています。

SDNと機械学習にも注目

林氏 NTTコミュニケーションズは通信事業者ですので、この場ではSDNを挙げたいです。もともとわれわれは、世界で最初にSDNを使ったクラウドサービスを提供しています。「Bizホスティング Enterprise Cloud」と当社のデータセンターのコロケーションエリアをSDNで接続する「コロケーション接続サービス」を組み合わせて利用してもらうことで、クラウド上のシステムとオンプレミス環境の顧客のアプライアンス機器を同一セグメント上でシームレスに運用でき、基幹システムをスムーズにクラウド移行できます。


NTTコミュニケーションズ クラウドエバンジェリスト 林雅之氏
事業計画、外資系企業や公共機関の営業、市場開 発などの業務を担当。政府のクラウドおよび情報通信政策関連案件の担当を経て、2011年6月よりクラウドサービスの開発企画、マーケティング、広報・宣伝に従事

 非常に低コストなサービスですし、いくつかメリットもあります。ポイントは顧客がサーバだけでなくネットワークもある程度自由に設定できるところですね。クラウドサービスとネットワークをセットで提供するにあたってはSDN技術は必須。12月に出すエンタープライズクラウドサービスにもSDNでコントロールできる仕組みを作っています。

各務氏 私は2つあると思っています。ひとつはデバイスの開発環境、これはローカルでのネイティブアプリケーションの開発をいかにやりやすくできるか。たとえば.NETやAndroidなどを使えるようになるのですが、ネイティブアプリとしていかに開発を楽にするかというのがひとつ。もちろんクラウドで動くアプリなんかは別にウェブのプラットフォームで作ればいいので、そこをいかに楽にするかというのが課題だと思っています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]