編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
海外コメンタリー

「Microsoft Azure」最前線--コンテナやIoT、ファイル共有関連の新機能を知る - (page 2)

Janakiram MSV (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-10-09 06:15

 「Azure File Storage」はパブリッククラウドにおけるファイル共有サービスだ。これにより、Server Message Block(SMB)を用いたファイル共有を行っているアプリケーションは、Azure上に容易に移植できるようになる。また、最新のSMB 3.0プロトコルが採用されているため、アプリケーションはセキュアで永続的な接続を維持できるようになっている。なお、Azure File Storageに格納されたコンテンツは、IaaS上に配備されている仮想マシンや、PaaS上でホストされているアプリケーションからアクセス可能だ。

 このサービスがターゲットにしているのは、従来のファイル共有メカニズムを採用しているレガシーアプリケーションだ。ちなみに、Amazon Web Services(AWS)も、「Amazon Elastic File System(Amazon EFS)」という同様のサービスを提供している。

 「Microsoft Azure IoT Hub」は、クラウドと各種デバイス間の接続やプロビジョニング、アップデート、通信を可能にするサービスであり、複数のサイトに配備された膨大な数のデバイスの管理が可能となっている。また、このサービスはクラウドからデバイスに対する、そしてデバイスからクラウドに対するリアルタイムの通信をサポートしている。さらに、顧客はHTTPやAdvanced Message Queuing Protocol(AMQP)、MQ Telemetry Transport(MQTT)などの、標準プロトコルやカスタムプロトコルを使用できる。

 「Microsoft Azure IoT Suite」は複数のAzureサービスをまとめて1つのIoTソリューションにするサービスであり、デバイス同士の統合を容易にするために「Azure DocumentDB」や「Azure Event Hubs」「Azure Stream Analytics」などのサービスを活用する。現時点でこのサービスはリモートアセットの管理と監視にまつわるシナリオをサポートしている。

 Microsoftは「Windows 10」とAzureを通じてIoTに投資してきている。Azure IoT Hubによって、IoTのユースケースとシナリオに合致したかたちでのAzureサービスの利用が容易になるとともに、Azure IoT Suiteによって、適切なIoTサービスの統合を実現するための土台が提供される。AzureはIoTプラットフォームの能力を引き出せる最初のパブリッククラウドプラットフォームの1つとなっている。今後はAWSやGoogleも、こういったプラットフォームを用意してくるはずだ。

 「Azure Container Service」は、Azure内に配備されたマイクロサービスを管理するためのコンテナ管理およびオーケストレーションサービスだ。これはMesosphereのテクノロジをベースにしており、「Docker」や「Apache Mesos」を活用している。Microsoftは4月に開催した「Build 2015」カンファレンスにおいて、Azure上でMesosphereのデータセンターOS(DCOS)を稼働させるというデモを実施していた。そして今回、同社はホストされたコンテナサービスにより、その関係を次の段階に発展させたと言える。

 サービスとしてのコンテナ(CaaS)という調達モデルが勢いを付けてきている。Googleが「Google Container Engine」を発表し、AWSも「Amazon EC2 Container Service」を提供しているため、MicrosoftもCaaSを発表すると期待されていた。その期待に応える際、Microsoftはコンテナオーケストレーションのための自社独自のレイヤを構築するのではなく、Mesosを選択した。また、このサービスは将来的に「Docker Swarm」や「Kubernetes」といったオーケストレーションエンジンを追加でサポートする可能性もある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]