海外コメンタリー

自社サービスのさらなる「Azure」移行進めるマイクロソフト - (page 3)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-04-27 06:30

 Suh氏は、Intelligent Cloud事業における営業利益の低下は、クラウドサービスの利益マージンがオンプレミスのソフトウェアよりも低いせいだが、Azureの成長は従来から同社が扱っているソフトウェアライセンシングビジネスの成長を上回っていると述べた。Suh氏によると、同事業の営業利益が成長した一因には、より多くのサービスをAzureに移行したことが挙げられるものの、現時点ではそれ自体が「大きな原動力となっているわけではない」という。

 ここで、Microsoftのファーストパーティーサービスのさらに多くをAzureに移行しても、同社の商用クラウドのランレートに影響は及ばないという点を述べておくべきだろう。というのも、Microsoftは社内部門によるAzureの使用を売上として計上するわけではないためだ。

 Microsoftは同社のクラウドサービスのより多くをAzureへと移行することで、長期的なメリットを生み出せるだろう。同社の数多くの既存サービスや新規サービスが、共通するクラウドをバックエンドで用いるようになれば、理論上はインフラの共有によってハードウェア購入コストや、ソフトウェアとサービスにかかるコストの削減が可能になるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]