ドクター津田のクラウド相談室

クラウド相談室--ある金融機関の質問「データセンター事業の事情が知りたい」 - (page 3)

津田邦和(工学博士、NCRI会長)

2016-05-20 07:30

3月30日に発表した新潟県の新データセンター建設にあたり新潟県知事の泉田裕彦氏(右)と会談
3月30日に発表した新潟県の新データセンター建設にあたり新潟県知事の泉田裕彦氏(右)と会談

 また、そもそも2007年に発足した「北海道GEDC研究会」から現在の寒冷地GEDC推進フォーラムに継承されたDC冷房技術によって、首都圏と寒冷地で差が発生することが明らかになりました。この技術は、電気通信大学と東京理科大学の共同研究によって論文発表され、2009年に総務省予算によって実証実験されて技術が明確化されました。

 よって、2011年以降の寒冷地DCは圧倒的に高い効率の空調設備が装備されており、さらにその後建設されたDCはブラッシュアップがされています。昨今では2011年の震災以降大幅に電力料金が値上げされて、寄与率はさらに大きくなりました。これらが現在2016年までの数年の間に、やっと利用者(顧客やシステムインテグレーターSaaSベンダー)に周知されてきたのでしょう。

 今後は、ブロードバンドネットワークの配備がさらに進み、ご質問にあった地方のDCと首都圏は広帯域な専用線(100Gbps程度)で接続されることでしょう。来年には、新潟にも寒冷地GEDC技術とさらにアドバンストな技術が搭載された最新鋭のDC(データドック社)が建設されこともあり、DCの地方分散化、特に寒冷地への展開は今後も増加すると想定しています。

津田 邦和
NCRI株式会社 会長
工学博士/NCRI会長/ネットコンピューティングアライアンス(NCA)代表/寒冷地グリーンエナジーデータセンター(GEDC)推進フォーラム会長/DEECOP研究会会長。札幌市出身、札幌東高校卒、電気通信大学大学院博士課程修了。1980年代より動的HTMLによるアプリケーションの遠隔サービス化の研究、光センサータッチパネル特許・TV会議システム特許などを取得、インビジブルコンピューティング(のちのユビキタス)の研究に従事し、1996年に米国での動向に呼応して国内でのASPの提唱と推進団体を設立。その後、20年にわたり財務省・総務省などの委員会委員、民間企業の取締役・顧問などを務め、ガイドラインや実験プロジェクトを実施。東京理科大学などで非常勤講師。現在は、クラウドを活用したビジネスを支援。高収益型データセンターの設計とコンサルティング、新規事業立上げノウハウを踏襲したクラウド教育カリキュラムを提供し、民間企業・自治体等のクラウド事業推進をサポートしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
データセンター

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]