編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
ワークスタイルは変革できるのか

セキュアに内部資料にアクセスする--MCMによるスマートデバイスのコンテンツ管理 - (page 2)

小田中俊博

2016-08-25 07:00

MCMによる管理手法

 さて、前回のおさらいになるが、われわれはこのMCMを実現するために、AirWatch からリリースされているアプリケーションを利用している。主なアプリケーションはAirWatch Content Lockerだが、セキュアメーラ(AirWatch Inbox) やセキュアブラウザ(AirWatch Browser) と連携することで利便性を上げている。

AirWatchアプリの機能
AirWatchアプリの機能
AirWatch各アプリ間の連携
AirWatch各アプリ間の連携

 具体的な使用例は、営業向け自社コンテンツの配信および社内コンテンツへのアクセスである。AirWatch Content Lockerを利用し、スマートデバイスから社内ネットワークドライブやSharePointへのアクセスを可能にしていることに加えて、企業コンテンツとして会社紹介資料をPDFや動画で閲覧できるよう配信している。

 この配信コンテンツは、企業側が常に最新のものを準備するため、エンドユーザーが気にすることなく最新情報をお客様に提供できるようになっている。

モバイルコンテンツの配信
モバイルコンテンツの配信

 なお、図で示しているように、企業コンテンツとマイコンテンツに領域が分かれている。企業コンテンツには、「管理者」が配信したコンテンツを閲覧させることができる。マイコンテンツには、自社で利用している個人の共有フォルダとなっており、自身で作成したファイルやデータを閲覧できるようになる。

 端末にダウンロードしたファイルは、暗号化されキャッシュとしてアプリケーション内に保存されるため、端末を紛失したとしても情報漏えいを防ぐことができる。さらにMDMの機能と併用することで、コンテンツなどの企業情報だけをリモートからワイプ(消去)することも可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]