「Dell Technologiesは次の産業革命に必要な技術を提供する」とMichael Dell氏 - (page 3)

末岡洋子

2016-10-27 07:45

3ステップでトランスフォーメーションへの準備を

 中でもIT業界を様変わりさせているトレンド、クラウドについては「パブリッククラウドは成長してきたし、今後も続く」としながらも、「ハイブリッドクラウド」が正しい道になるとした。「一部のワークロードでは、パブリッククラウドでは競争優位性が図れない」からだ。

 そのようなことから、「複数のパブリッククラウドとプライベートを組み合わせたハイブリッドクラウド」が主流になると見る。「クラウドはITの運用モデルであって、場所ではない」とDell氏。

 ハイブリッドクラウドに向けた3ステップとして、Dell氏はデータセンターのモダン化(1)、ITのすべてのプロセスを自動化(2)、ITオペレーションのトランスフォーメーション(3)を紹介した。技術としては、(1)のモダン化がDell EMC、(2)の自動化がVMware、(3)のトランスフォーメーションがVirtustreamとなる。

 例えば、(1)では同日、Dell EMCからDellのPowerEdgeサーバを搭載したハイパーコンバージド製品「VxRail」アプライアンス、上位の「VxRack System 1000」など、複数の製品が発表されている。Dell氏は、ストレージやサーバでナンバーワンであることに触れながら、データセンターを効率化し、性能と信頼性を高めることでコストを節約でき、これをデジタルトランスフォーメーションに回すことができるとした。

 だが、ITのトランスフォーメーションだけでは不十分だ――職場や人(ワークフォース)のトランスフォーメーションも必要だという。ここでDellブランドで展開するPCなどのクライアント事業が重要となる。PC分野でDellは15四半期連続でシェアを増やしている、とDell氏。「PCは今後もわれわれのミッションの中核となる」とDell氏、インフラとクライアントの両方でリーダーであることから、エコシステム全体でイノベーションを拡張性のある形で実現できるとした。

 仕上げはセキュリティだ。つながる端末が増えたことで、攻撃先や侵入の入り口となるところも増えている。残念なことに、サイバー攻撃は高度になり、頻度も上がっているという現実もある。セキュリティ対策もビジネス主導、情報主導、リスク主導になる必要があるとして、RSA、SecureWorks、VMwareのNSXやAirWatchといった技術が支援できるとした。同社では毎日2兆件のネットワークイベントを確認しており、すぐに対応できるようにしているという。

 このようにDell氏は会場に集まった約8000人の顧客やパートナーに向かってEMCが合体した世界を描き、統合のメリットを強調した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]