海外コメンタリー

2017年、企業がハイブリッドインフラで重視すべき3つのテクノロジとは - (page 2)

Keith Townsend (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-12-21 06:30

 成熟したオーケストレーションソリューションによって、データセンターのリソースはパフォーマンスやコストという観点で均等に配分、最適化されるようになる。オーケストレーションソリューションによって、環境を最大限に活用するための、最も費用対効果が高いクラウドの利用方法を見出せるようになるのだ。

自動化

 デジタル変革のおかげで、ものごとの変化は従来型のインフラでは追随が難しいくらい速くなってきている。そして、デジタル変革のイニシアティブにより、ITチームはより少ないリソースでより多くのものごとを達成するよう要求される。このようなインフラの変化に追随する最善の方法が自動化だ。このため、多くのITチームはプロビジョニングプロセスから手を付けようとするだろう。ただ、プロビジョニングの自動化は確かに価値があるとはいえ、ほとんどの企業はストレージボリュームの拡張といった、その他の一般的な変化を自動化する方に価値を見出すかもしれない。

 データセンターチームは既存のワークフローと、プロセスが抱えるボトルネックを検証する必要がある。自動化という点で最も投資効率の高いのがこれらプロセスの分野なのだ。エンジニアは自動化の対象を見つけ出した後、最善の結果を生み出せるツールに力を注ぐ一方で、自動化に携わるエンジニアチームはクラウドエンジニアらと連携し、オーケストレーションプラットフォームの統合ポイントを理解するよう努めることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]