展望2017

IT企業の年頭所感(4)--グローバルに広がる機会と脅威に対応する

ZDNet Japan Staff 2017年01月11日 12時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本テラデータ 代表取締役社長 吉川幸彦氏

 「IoT元年」といわれた2016年は、 モノ、 ヒト、 コトが業界の枠を超えてネットワークにつながり、 データのトラフィックと多様性が増し、 デジタライゼーションが加速した年でした。 金融、 製造、 流通など広範囲で業務効率化や人材不足解消にAIの実用も始まり、 自動車業界のコネクテッドカーや金融業界のFinTechのようなサービス型のビジネスモデルも広がり始めました。

吉川幸彦氏
日本テラデータ 代表取締役社長 吉川幸彦氏

 企業は、 自社データに外部データを掛け合わせたり、 消費者のインサイトを可視化することで、 よりパーソナライズ化した顧客体験を消費者に提供できるようになっています。 今後、 デジタライゼーションの本格化に向けてビジネスモデルを進化させるには、 データを資産として経営の根幹に据え、 ビジネス価値を生み出すためのアナリティクスを駆使することがこれまで以上に重要になります。

 テラデータは、 こうした需要に対応するため、 データサイエンティストや各業種に特化したインダストリーコンサルタントをアナリティクスビジネスコンサルティングとして組織化し、 ビッグデータプロジェクトを上流工程から支援します。

 豊富なユースケースをフレームワーク化した「RACE」(Rapid Analytic Consulting Engagement)はコンサルティングサービスの1つで、 本格的な分析環境を構築する前のフェーズで、 個々のビジネス課題を明確化し、 分析機会の定義からその検証までの時間を大幅に短縮、 課題をすばやく価値に転換します。

 さらに、 企業の変化する基盤導入戦略や経済的ニーズに対応するため、 オープンソースソフトウェアなど新たなテクノロジを含む、 柔軟な導入オプションを提案し、 アナリティクスエコシステムをさらに強化しています。

 テラデータは、 企業のデータ資産を素早くビジネス価値に変えるアナリティクスを提供し、 お客様がデジタル時代の新しいサービス収益モデルを創り出すためのトラステッドパートナーとして、 競争力強化に貢献します。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算