海外コメンタリー

IoTがもたらす変革に備えつつあるCIO

Mark Samuels (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年02月09日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最高情報責任者(CIO)はモノのインターネット(IoT)の力に気づいている。

 451 Researchの調査によれば、ITリーダーの4分の3近く(71%)が、IoTの取り組みについて情報を収集している。またIDCは、IoTに対するグローバル投資が、今後3年間で1兆2900億ドル近くに達すると予想している。

 では、来たるべきIoT新時代から最大の恩恵を得るには、どうすればよいのだろうか。この記事では、著名なITリーダーのアドバイスを紹介する。

市場の現状を理解する

 現時点では、IoTに対する投資が成功する保証はないことを理解しておく必要がある。451 Researchによれば、ITリーダーの半分が、IoT導入のもっとも大きな障害としてセキュリティを挙げており、依然としてセキュリティが重大な懸念事項になっている。さらに回答者の41%が、投資対効果やビジネスに対するメリットが不明だと回答している。

 Travis PerkinsのCIOであるNeil Pearce氏は、IoTの可能性に関心を持っているITリーダーの1人だ。しかし他のCIOと同様に、同氏もIoTはまだ萌芽期にある分野だと考えている。「この分野はおそらく今後数年間は混乱するであろうし、ほとんどのCIOは実際の導入は行わず、当面は調査を続けるだろう。多くの企業やプロバイダーにとって重要なのは、適切な基礎を固めることだ」と同氏は述べている。

 どれだけの取り組みが必要かという問題に関して、Pearce氏は、しばらくは重要な展開は出てこないだろうと述べている。「CIOはIoTから多くのメリットを生み出せるようになるだろうが、それまでの道のりはかなり遠いはずだ」と同氏は述べている。「私はIoTや、関連する領域のロボット工学とアナリティクスは、デジタル技術が前進するための鍵となる領域だと考えている」(Pearce氏)

 451 Researchは、IoTのエンドポイントから得られたデータを利用しているITリーダーが69%に達していることを指摘し、セキュリティやコンプラインスなどの分野の発展においては、データのアナリティクスが重要な役割を果たすと述べている。451 ResearchのアナリストIan Hughes氏は、IoTで重要なのは所有しているデータについて理解することであり、新しいビジネスモデルを生み出すには、リアルタイムでは戦術的に、長期的には戦略的に行動する必要があると述べている。

IoT
IoTに対する投資がもっとも大きい業界は運送業だ。
提供:Getty Images/iStockphoto

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算