松岡功の一言もの申す

どうなる?「業務アプリ+AI」の提供形態

松岡功 2017年02月23日 13時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 業務アプリケーションに機械学習などのAI(人工知能)機能を装備する動きが活発化している。ただ、それがどのような提供形態になるのか。

Office 365のAIは最上位エディションに標準装備

 筆者がこの素朴な疑問を抱いたのは、AI機能を使えば、この業務アプリはこんなことができるようになるという話ばかりで、それがどのように提供されて価格はどうなるのか、という点があまり語られていないからだ。

 業務アプリを手掛けるソフトウェアベンダーの多くは、既存の商品にAI機能を装備していくと説明するが、果たして価格はどれくらい上がるのか。AI機能の開発は当然ながら投資なので、売り値にも影響してくるはずだ。AI機能が別立ての商品になるケースも出てくるだろう。これは、ベンダーにとっては商品の価格戦略でもある。

 そこで、「業務アプリ+AI」という観点で先ごろ相次いで記者説明会を開いた日本マイクロソフトとセールスフォース・ドットコムの提供形態に注目してみた。

 まず、日本マイクロソフトの会見は「働き方改革を支援するOffice 365のAIを活用した新しいサービス」がテーマだったが、その内容は関連記事をご覧いただくとして、同社はOffice 365の主要なAI機能として「MyAnalytics」を挙げた。

 会見で説明に立った同社の輪島文Officeマーケティング本部シニアプロダクトマネジャーによると、MyAnalyticsは現在Office 365の最上位エディションである「E5」に装備されており、個人単位の分析機能を提供中。今後は図1のように、グループの分析、カスタマイズされた組織横断の分析といった機能を順次、提供していくという。

「MyAnalytics」
(図1)Office 365の主要なAI機能である「MyAnalytics」の強化計画

 ちなみに、Office 365のエディションにはE5より下位の「E1」「E3」があるが、これらでMyAnalyticsを利用するには1ユーザー当たり月額440円がかかる。つまり、Office 365のAI機能は最上位エディションに標準装備するというのがマイクロソフトの方針のようだ。ただ、その価格が今後どうなるかについての言及はなかった。

SalesforceのAIは既存サービスへの組み込みが前提

 一方、セールスフォース・ドットコムが注力するAIプラットフォーム「Salesforce Einstein」は、どのような形で提供されるのか。それを示したのが図2である。すなわち、セールス、サービス、マーケティング、コミュニティ、IoT(Internet of Things)、アナリティクス、アプリケーション、コマースといった、同社が提供する8つのクラウドサービスにそれぞれ組み込まれた形で、個々に記されているような機能を提供していく構えだ。

(出典:セールスフォース・ドットコムの資料)
(図2)SalesforceのAIは8つのクラウドサービスに組み込まれた機能として提供(出典:セールスフォース・ドットコムの資料)

 例えば、Sales CloudではEinsteinを活用して「予測によるリードスコアリング」「商談に関するインサイト」「活動の自動キャプチャ」といった機能が提供されるといった具合だ。同社はすでに複数のクラウドサービスにおいてEinsteinを活用した機能を提供開始しており、今後順次全てのクラウドサービスに拡大していくという。

 そんな同社が先ごろ、「Salesforce Service Cloud新機能によるオムニチャネル対応強化」をテーマに会見し、Service Cloud Einsteinにも言及したので、あらためてAI機能は全て既存のクラウドサービスに組み込んでいくのか、質疑応答で聞いてみた。すると、同社の御代茂樹マーケティング本部プロダクトマーケティング シニアディレクターは次のように答えた。

 「基本的には組み込んでいく方針だが、状況によっては標準装備ではなく、オプションとして用意したほうがよい機能もあるかもしれない。その場合は価格も別立てになるだろう。エディションによってAI機能を付加する度合いが変わってくる可能性もある。その意味では、価格設定も多岐にわたるようになるかもしれない」

 「業務アプリ+AI」の提供形態について、ちょうどマイクロソフトとセールスフォースの話を聞く機会を得たが、両社の影響力は大きいだけに、ぜひともユーザーにとって分かりやすい、そして取り組みやすい形にして模範を示してもらいたいものである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]