RPAの価値

過去のIT投資時に固まったプロセス設計を見直す--RPA成功の条件

信國泰(デロイト トーマツ コンサルティング) 大久保理絵(デロイトトーマツコンサルティング) 2017年04月11日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第1回では、オペレーション自動化の技術である「RPA(Robotic Process Automation)」の概要や、その効果、効果が期待される理由について述べた。RPAがここまで話題になっていることからも見て取れるように、その効果は明らかで、業界を問わず多くの企業が期待を寄せている。

 とある企業のプロジェクトでトライアルロボットの作成完了後に、対象部門の部員に対して行ったアンケートで象徴的な回答が得られた。作成されたトライアルロボットの動きを動画で見て実に90%の部員が「自分の日常業務にも一部または半分以上適用可能である」と回答したのである。もちろん一企業の一部門のアンケート結果ではあるが、この結果は多くの企業にも当てはまる、現状を端的に表しているようにも思える。

 1990年代、企業は統合基幹業務システム(ERP)の導入を中心に各業務領域のITが統合された世界を目指した。実現できるのであれば、これが理想であることは言うまでもないが、同時にパッケージとして提供されるITシステムも、業界、業務領域など、全方位対応できるわけではないという現実も見えた。

 結果として、特定の領域には特定のアプリケーションが使われるというランドスケープが一般的になり、そのシステム間にこぼれたデータ処理を拾うのは人間の仕事というのが定着している。

 これこそ9割が「一部または半分以上適用可能」と答える実態なのではないか。業務を完了するのにITシステムを全く使わないというケースはまれで、逆に業務のすべてがITシステムを使って完結するケースもまた然りである。

EUCか、トランスフォーメーションか

 こういった現状を打開すべく、2016年、日本でも多くの企業がトライアルのRPA導入を手掛けた。財務シェアードサービスセンターでトライアルに取り組んだ企業では、債権管理において自動入金消込の後の手動消込を一部ロボットで担い、月末と月中で2.6倍あった業務工数の繁閑差を1.5倍まで下げることを実現している。

 人事領域でも、中途採用の一次選考を対象とした例で、複数の異なるキャリアサイトの応募者データの加工と、条件の判定のうち機械的に人が担っていた部分を自動化し、60%以上の工数削減を実現。週末に集中する応募者の選考でも業界経験を深く精査することに時間を費やせるようになったという事例がある。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算