編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

マーク・ハードCEOが語るオラクルのクラウド戦略--オンプレミスからの移行顧客だけではない - (page 2)

末岡洋子

2017-05-16 07:30

 成果はどうか。3月に発表した直近の四半期(2017年会計年度第3四半期)のハイライトとして、クラウドは年換算で前年同期比73%増加、売り上げは前年同期比72%増、年間に直すと50億ドルレベルとHurd氏は報告する。クラウド事業のけん引役はSaaSとPaaSで、合計の収益は86%増、請求は111%増と倍増以上の成果を遂げているという。

 SaaSでは1125社の新規顧客を獲得、合計のSaaS顧客数は1万3100社を超えた。これに、先に買収したNetSuiteの顧客が加わると、2万5000社程度になるという。PaaSでも2380社の新規顧客を獲得し、IaaSでは新規にスタンダロンのインフラサービスを購入する顧客が2586社を数えた。

 Hurd氏はSaaSで獲得した1125社の新規顧客に触れながら、「OracleのSaaSはオンプレミスからの移行顧客と思われているようだが、それは違う。我々はこれまでリーチできなかった顧客層にクラウドでリーチしている」と胸を張った。

 この日最大のニュースとなったのは、Oracle Databaseの顧客であるAT&TによるOracle Cloud採用だ。AT&Tが社内に抱える数千台規模のOracle Databaseをクラウドに移行させる、というもの。「データベースとアプリケーションワークロードをOracleのクラウドに移行する。AT&Tはエクサバイト級のデータを持っており、Oracle Databaseの規模は実に大きい」とHurd氏。

 SaaSでは、まずは7万人のフィールド技術スタッフが「Oracle Field Service Cloud」を利用して、訪問のスケジュールや割り当てなどを自動化する計画が明かされており、他の領域でもOracleのSaaS利用を進めていくという。AT&Tはまた、自社の機械学習とビックデータ機能をOracle技術に組み合わせ、生産性、時間通りの訪問などの改善も図る。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]