Interop2017

「SD-WAN時代にネットワーク管理の資格は不要」--Riverbedが狙う再定義 - (page 2)

日川佳三

2017-06-12 07:00

アプリケーション視点でポリシーを設定

 他社のSD-WAN製品との違いについてO'Farrell氏は、「SteelConnectは、アプリケーション視点に立っている」と説明する。「われわれには、『アプリケーションをデリバリーする』という考え方があり、アプリケーション単位でポリシーを設定でき、アプリケーションごとに管理する。他社は、IPアドレスやポート番号といった従来の考え方を捨て切れていない」

 直近では、5月にCiscoがSD-WANベンダーの米Viptelaの買収を発表した。O'Farrell氏は「CiscoがSD-WAN市場に注力することは良いニュースだ」としつつ、「彼らはWANにフォーカスしており、低価格でインターネットの活用を狙っている」とみている。Riverbedは、これより大きな視点で、LANやデータセンター、クラウドにもフォーカスしていると主張する。

 O'Farrell氏がSteelConnectの特徴に、アプリケーション単位でポリシーを使い分けられる点を挙げる。

 例えば、アプリケーションごとにネットワーク経路を切り替えられる。SaaSアプリケーションであるOffice 365へのアクセスなら、拠点から本社を介さずに直接インターネットに出ていく――といった具合だ。アプリケーションごと、ユーザーごと、拠点ごとに、こうしたポリシーを作成して反映できる。

 アプリケーションごとにQoS(Quality of Service、帯域制御)を設定したり、アプリケーション単位でネットワークの利用状況やパフォーマンスを可視化することも可能だ。ネットワークの品質がしきい値を下回ったら高品質なネットワーク経路に切り替えるといった設定もできる。これらによって、特定のアプリケーションを使う際のユーザー体験を高いレベルで維持できるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]