編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
今週の明言

レノボ・エンタープライズ新社長が語った「入魂」の意気込み - (page 2)

松岡功

2017-07-21 11:00

「AIを活用した顧客動向予測分析で、企業のマーケティング活動を支援したい」
(台湾Appier Magic Tu バイスプレジデント)

台湾AppierのMagic
台湾AppierのMagic Tu バイスプレジデント

 デジタルマーケティングを支援する台湾Appier(エイピア)が先頃、人工知能(AI)を活用して顧客動向予測分析を行うデータプラットフォーム「アイソン(AIXON)」によるサービス提供を日本で開始すると発表した。Appierでプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントを務めるTu氏の冒頭の発言は、その発表会見で、日本での事業展開に向けた意欲を語ったものである。

 アイソンは、企業がこれまで保有してきたデータと、アジア圏で利用されている約20億台のデバイスを通じてAppierが収集した消費者の行動や好みに関するデータを統合し、AIによって消費者の予測分析を可能にするデータプラットフォームである。(下図参照)

「アイソン」の概要''
「アイソン」の概要

 技術的なポイントとしては、PCやスマートフォンなど複数のデバイスを利用するユーザーを対象に、AIを活用してユーザーがどの端末を使っているかを自動的に感知し、各デバイスに最適なフォーマットとタイミングで情報を発信する「クロスデバイスターゲティング」というデジタルマーケティング手法を採用している。

 これにより、企業はアイソンを使って特定の消費者や顧客のデータをピックアップして自社のCRMシステムと連携したり、広告配信プラットフォームと連携させてマーケティング施策を展開できるという。

 Tu氏によると、「ネット通販業者がウェブサイトのデータを分析し、最も購入しそうなユーザーを特定することでオンラインセールスやコンバージョン率を増加させたい」、あるいは「モバイルアプリ事業者が、離脱の可能性が高いユーザーを特定し、リエンゲージメント施策を展開することで離脱を防ぎたい」といった利用例もあるとのことだ。

 アイソンというネーミングから、「IBMのワトソン(Watson)を追撃したいといった野望があるのか」と会見の質疑応答で聞いてみたところ、Tu氏は「IBMのワトソンは用途が幅広いが、アイソンは消費者や顧客の動向を予測分析する仕組みで、用途を特化している」とだけ答えた。

 2012年設立のベンチャー企業だが、既に日本を含むアジア地域で14の事業拠点を持ち、500社を超える導入実績があるという。日本では直販を中心にスタートするというが、パートナーエコシステムづくりが今後の課題となりそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]