編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、“サービスとしてのブロックチェーン”をさらに推進

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-25 12:28

 Microsoftは「Azure Blockchain as a Service」で、企業が容易に現実世界のアプリケーションを構築できるようにしている。そして米国時間7月20日、ブロックチェーン・アズ・ア・サービス戦略における次のステップとして「Enterprise Smart Contracts」を発表した。

Enterprise Smart Contractsの枠組み
Enterprise Smart Contractsの枠組み
提供:Microsoft

 「顧客とパートナーより、”ブロックチェーンネットワークの立ち上げが簡単になった。では、次に何をすれば良いのか?”という声をもらっている」とMicrosoftでAzure Blockchain Engineering担当主席プログラムマネージャーのMarley Gray氏は説明する。

 ブロックチェーン分野におけるMicrosoftの取り組みを簡単にまとめてみよう。ブロックチェーンは仮想通貨のビットコインを支える技術だが、それ以外にも利用できる。暗号通貨だけでなく、他の記録についても完全な取引履歴を保存できる分散、共有型レッジャー(元帳)だ。そのため、銀行や金融関連を中心に多数の企業が関心を持っている。

 Microsoftは2015年11月にAzure Blockchain as a Serviceを発表した。そして2016年、ブロックチェーンのテンプレート/ミドルウェア「Project Bletchley」の最初のバージョンを披露した。これにより顧客やパートナーが非公開のEthereumネットワークを構築できるというものだ(Ethereumはオープンソースのブロックチェーンベースの分散コンピューティングプラットフォームで、分散された仮想マシンを提供する)。

 Enterprise Smart Contractsはスキーマ(契約の実行と履行向けのデータ要素)、ロジック(ビジネスルール)、取引先、外部ソース、台帳、契約の拘束性などのコンポーネントを提供するもので、Microsoftは、企業がブロックチェーン・アズ・ア・サービスを土台にして開発する方法を見出すのを支援する。

 Azureパブリッククラウドが、Enterprise Smart Contractsの実行に必要な機能のためのビルディングブロックを提供する。だが、企業ユーザーはブロックチェーンと同じ暗号プリミティブを共有する以上の機能を求めている。必要なのは、プラットフォーム、そしてフレームワークだ。

 プラットフォームは鍵管理や、企業のアイデンティティの安全な統合などのタスクをこなす。フレームワークはその上に構築されており、機密管理機能、ランタイム環境サービス、トランザクションビルダーおよびルーター、メッセージベースのAPIを擁する。

 Gray氏は「クリプトレット(Cryptlet)」コンセプトと新たなフレームワークによって、既存のスキルやツール、コンポーネントを統合できる中間的なプラットフォームを開発者らに提供すると説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]