編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
松岡功の一言もの申す

シスコ、Dell EMC、SAPが中堅中小事業に注力する背景

松岡功

2017-10-26 11:00

 シスコシステムズ、デルとEMCジャパン(Dell EMC)、SAPジャパンが中堅中小企業向け事業に注力する姿勢を強く打ち出している。その背景には市場の変化があるようだ。

シスコとDell EMCが先週開いた会見で「注力」を強調


シスコジャパンの鈴木みゆき代表執行役員社長

 「中堅中小企業向け事業の売り上げが2017年度に前年度比30%以上伸長した。2018年度もこの勢いをさらに加速させていきたい」――。シスコシステムズの鈴木みゆき社長は、同社が10月18日に開いた2018年度の事業戦略説明会でこう語った。同社の会計年度は2017年度が2017年7月まで、2018年度は2017年8月に始まったことから、この時期の会見となった。

 成長を牽引しているのは、ネットワーク製品群「Cisco Start」やクラウド管理型無線LANソリューション「Cisco Meraki」など、同社が中堅中小企業向け市場に打ち出した商品だ。鈴木氏は2018年度もこれらの商品を軸に同市場での事業をさらに加速させるべく、全国地域の営業体制を強化したとしている。この会見の内容は関連記事をご覧いただきたい。

 また、Dell EMCが10月20日に中堅企業向けIT支援ソリューションを発表した。この会見の内容は関連記事をご覧いただくとして、同社は今年4月に「ITコンシェルジュ」の増員、5月にバックアップソリューション、6月にクラウドサービスの展開、そして今回と、このところ中堅企業向け事業に注力する姿勢を強く打ち出している。

 こうした動きで同社がキーワードに挙げているのが「ひとり情シス」だ。今回の会見で説明に立ったデルの清水博 執行役員 広域営業統括本部長はDell EMCの調査として、「中堅企業の27%が、ひとり情シスというのが現状。3年後にはこれが36%まで拡大する可能性がある」と語った。この背景には、IT人材不足とともに、複数の情報システム担当を配置する余裕がないこともありそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]