編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
海外コメンタリー

クラウドはデジタル変革の大きな推進力に--Google CloudのCEO

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-10-22 06:30

 クラウドコンピューティングは、費用削減の道具として、あるいはコンピューティング能力を柔軟に調達する手段として売り込まれることが多い。しかし最近では、クラウドが持つビジネスの変革を後押しする効果が前面に出ることが増えている。

 Google Cloudの最高経営責任者(CEO)Diane Greene氏は、ロンドンで開催された同社主催のイベント「Google Cloud Next '18 London」で、「われわれはまだクラウド化の初期段階にあり、ワークロード全体の約10%がクラウドに移行されたにすぎないが、クラウドがデジタル変革の大きな推進力の1つであることは明らかだ」と語った。

 Greene氏によれば、企業はクラウドへの切り替えと移行計画の立案を「一度立ち止まって、自社のミッションを見直す」ための機会として利用し、企業文化や業務プロセス、データ戦略について再検討しているという。

 この発言は、簡単にクラウドに移行できるワークロードの多くがすでに移行されてしまい、クラウドの変革を後押しする機能を強調しなければならない段階に来ていることを意味しているのかもしれない。

 Greene氏は、「クラウドはITを運用する優れた手段になっているだけでなく、企業に変化をもたらすためのほぼ完全な構造を提供するものだということが明らかになりつつある」と述べた。

 クラウドコンピューティングには勢いがあり、2022年には企業のテクノロジ支出の28%をクラウドが占めるようになると予想されているが、コンピューティングに関するあらゆる問題を解決できるわけではない。特に費用の観点から見ると、長期的にはコンピューティング能力を借りる方が購入するよりも高くつく場合がある。クラウドコンピューティングは、以前からやっていることを安くできるだけでなく、新しいことを素早く実現するのに役立つという考え方を広めることで、クラウドプロバイダーはより多くの顧客企業に決断を促せるかもしれない。

 例えば、企業のデータは特定のオフィスや部門の中に閉じ込められている傾向が強いが、クラウドに移行して人工知能(AI)や機械学習を活用することで、そういった組織の中にある壁の一部を取り去るのに役立つ場合もある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]