相鉄グループ、フルクラウド型コンタクトセンターシステムを導入

NO BUDGET

2022-01-27 12:20

 相鉄ホールディングス(相鉄HD)を親会社とする相鉄グループは、フルクラウド型コンタクトセンターシステムを導入した。導入をサポートした電通国際情報サービス(ISID)が発表した。

 このシステムは、同グループの問い合わせ窓口「相鉄お客様センター」の音声基盤、応対履歴の管理、グループ各社との情報連携の基盤などを全てクラウド上で実現する。Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウド音声基盤サービス「Amazon Connect」と、Salesforce.comが提供するクラウド型サービスプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」を組み合わせた。今回の導入は、各製品の標準機能をベースに半年間での短期導入を実現した。

システム構成図
システム構成図

 このシステムは、回線交換(PBX)や自動応答システム(IVR)などの音声基盤にAmazon Connectを採用することで、施設運用にかかる負荷を極小化している。さらに電話を含む全ての対応履歴情報をService Cloudで一元管理する。これにより企業と顧客のタッチポイントを統合した相鉄グループ統一の受付窓口を実現した。

 「相鉄お客様センター」では、営業時間外にも対応できるようSalesforce上で使用できるチャットボットサービス「Einsteinボット」を導入し、多様化するニーズに対応させている。

 同グループは、コンタクトセンターシステムの刷新に際し、ウェブやチャットなどの顧客接点の拡大による顧客満足度の向上、顧客情報や対応履歴などで得られる情報分析を基にしたサービス改善を目指した。この目標を基にシステムおよび導入パートナーの選定を行った結果、フルクラウド型コンタクトセンターソリューションを提案し、AWSやSalesforceのクラウドを活用したシステム構築の実績も豊富に有するISIDがシステム導入パートナーとして選定された。

 今後ISIDは、自動音声認識など最新機能の導入によるシステム拡充を支援していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]