編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
松岡功の「今週の明言」

「経営層もデジタルに触れて感じて」と説くUiPath日本法人CEOの思いとは

松岡功

2022-06-03 10:30

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉を幾つか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、UiPath 代表取締役 CEOの長谷川康一氏と、日本オラクル 事業戦略統括 事業開発本部 本部長の佐藤裕之氏の発言を紹介する。

「RPAによる自動化がどんなものか、経営層も自ら触れて感じていただきたい」
(UiPath 代表取締役 CEOの長谷川康一氏)

UiPath 代表取締役 CEOの長谷川康一氏
UiPath 代表取締役 CEOの長谷川康一氏

 米UiPathの日本法人UiPathは先頃、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアの最新版「UiPath 2022.4」を国内で提供開始すると発表した。長谷川氏の冒頭の発言はオンラインでのその発表会見の質疑応答で、ユーザー企業の経営層に対してRPAソリューションの利用を促すメッセージを求めた筆者の質問に答えたものである。

 会見の内容については速報記事をご覧いただくとして、ここでは冒頭の発言に注目したい。

 その前に、長谷川氏が「エンド・ツー・エンドの自動化プラットフォーム」と呼ぶRPAを軸とした最新のUiPath製品の全体像を紹介しておこう。図1がそれだ。同氏は、「従来のRPAの『開発』『実行』『管理』に加えて、自動化が可能な業務を見つけ出す『発見』と、ロボットと人の『協働』、そしてそれをきちんと管理・運営していくための『測定』と『統制』を行う製品の提供を始めている。また、(図1の下部に描かれている)プラットフォームとしては、SaaSの『オートメーションクラウド』やオンプレミスの『オートメーションスイート』を利用形態に応じて選択できるようになった」と説明した。RPAからの進化ぶりが一目で分かる図である。

図1:最新のUiPath製品の全体像(出典:UiPath)
図1:最新のUiPath製品の全体像(出典:UiPath)

 さて、冒頭の発言について。筆者の質問は、「RPAは広く使われるようになってきている一方、うまく効果を出せないで苦労しているという声も聞く。RPAをうまく利用するためのポイントを、ユーザー企業の経営層にも伝わるメッセージとして聞かせてほしい」というものだ。これに対し、長谷川氏は次のように述べた。

 「UiPath製品は今、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む多くのお客さまにご活用いただいている。なぜならば、ビジネスの最前線で活動している人たちのDXのためのツールとしてご評価いただけているからだ。企業がDXをうまく進めていくポイントは、ビジネスの現場にいる人たちがUiPath製品などのツールを使ってDXを『自分事』として取り組むカルチャーを根付かせることができるかどうかにあるのではないか。言い換えると、それがRPAなどのツールをうまく利用するポイントでもあるだろう」

 さらに、こう続けた。

 「一方で、自分事として取り組むカルチャーが根付かなかったり、異なるビジネス現場の間でDXの取り組みへの温度差があったりすると、RPAのようなツールを利用しても効果を出すのが難しいケースも出てくるかもしれない。また、ビジネスにおける過去の成功体験が、ビジネスそのものを変革するDXに対して拒否反応を起こす要因になっている可能性もある。経営層の方々はそうしたカルチャーや部門間での温度差、成功体験からくる拒否反応などをセンシティブに受け止め、自身がDXに真剣であることを示すためにも、例えばRPAによる自動化がどんなものか、ぜひとも自ら触れて感じてみていただきたい」

 同感だ。長谷川氏の意を受けて筆者の見解も添えさせてもらうと、経営層はDXにおいてテクニカルなことより、まずはビジネスをデジタル化することの意味をしっかりと理解すべきだ。そうすれば、何をやらなければならないか、見えてくる。そのためにも同氏が言う通り、自ら「体験」することは必須である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]