川崎市と富士通、スマホアプリを活用し、脱炭素社会実現に向けた行動変容を促す実証を開始

NO BUDGET

2022-11-02 06:10

 川崎市と富士通は、脱炭素社会の実現に向けてスマートフォンアプリケーションを活用し、市民や事業者の環境配慮型のライフスタイルへの行動変容を促す実証実験を開始する。実証期間は2023年3月31日まで。川崎市居住者および在勤者が対象になる。

 対象者には、環境関連のキャンペーン・イベントへの参加やコンテンツ視聴などの行動に対して、協力事業者が提供する環境に配慮した商品のクーポンやサービス、アクティビティーに交換可能なポイントを付与する。これにより市民や事業者の脱炭素社会に向けた自発的な行動に、どの程度の影響を与えるかについて検証する。

富士通が開発したスマホアプリの画面イメージ
富士通が開発したスマホアプリの画面イメージ

 実証で活用するスマートフォンアプリケーションは、富士通が独自開発したもの。実証参加者へのポイント付与と管理、ポイントをスコア化してランキング表示する機能、日々の環境行動を記録し参加者同士で共有する機能、参加者一人ひとりの属性に応じたコンテンツやキャンペーン、イベント情報を配信するレコメンド機能を備えている。

 実証における役割分担として、川崎市が「脱炭素アクションみぞのくち」の推進および今回の実証実験における効果検証の結果を踏まえた施策の検討を進める。富士通は、実証実験向けのスマホアプリの開発および運用、効果検証を担う。また、協力事業者は実証参加者向けのイベント実施やアクティビティー、スマホアプリに配信するコンテンツやクーポンの提供を行う。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]