ラズパイをより身近に

「Raspberry Pi」に「Linux」をインストールするには

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-03-25 08:30

Raspberry Pi 4 Model Bで動作するKali Linux。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
Raspberry Pi 4 Model Bで動作するKali Linux。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

 「Raspberry Pi」の標準OSは「Raspberry Pi OS」だが、それ以外のさまざまなOSを実行することも可能だ。実際に、この超小型シングルボードコンピューター(SBC)は、さまざまな「Linux」ディストリビューションを実行できる。

 本記事では、2種類のLinuxディストリビューション(「Kali」と「Parrot OS」)をRaspberry Piにインストールする方法を紹介する。

 具体的には、別のコンピューターで「Raspberry Pi Imager」ソフトウェアを使用してOSをmicroSDカードにコピーした後、そのmicroSDカードからRaspberry Piにインストールする。

 Raspberry Piのユーザーであれば、おそらくRaspberry Pi Imagerを使い慣れているはずだ。このソフトウェアをインストールして使用する方法をおさらいしたい人は、Raspberry Piのセットアップ方法について解説したこちらの記事を参照してほしい。

必要なもの

 microSDカード、別のコンピューター(今回OSをインストールするRaspberry Piとは別のコンピューター)にインストールされたRaspberry Pi Imagerソフトウェア、SDカードリーダースロットまたは外部SDカードリーダー、Raspberry Piが必要だ。

 必要なものがそろったら、実際の手順に進もう。

Kali Linuxをインストールする方法

1. Raspberry Pi Imagerを実行して、OSを選択する

 最初にインストールするOSはKali Linuxだ。このOSは、Raspberry Pi Imagerで利用可能な選択肢の1つであるため、簡単にインストールできる。

 Kali Linuxを見つけるには、メインコンピューターでRaspberry Pi Imagerを実行して、「Choose OS」(OSを選ぶ)をクリックし、「Other specific-purpose OS」(ほかの専用OS)が表示されるまでスクロールする。Kali Linuxはそこにある。

Raspberry Pi ImagerでKali Linuxを見つける。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
Raspberry Pi ImagerでKali Linuxを見つける。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

 これをクリックすると、いくつかの選択肢が表示される。ここでは64ビット版を選択する。

さまざまなバージョンのKali Linuxが提供されている。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
さまざまなバージョンのKali Linuxが提供されている。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

2. microSDカードに書き込む

 ここから先の手順は、Raspberry Pi OSをmicroSDカードに書き込むときと同じだ。microSDカードをメインコンピューターに挿入した状態で、書き込み先のmicroSDカードを選択し、「Write」(書き込む)をクリックする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]