編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

GMOインターネット証券、コールセンターの構築に「Cisco Unified Contact Center Express」を採用

CNET Japan Staff

2006-05-14 15:53

 シスコシステムズは5月12日、GMOインターネット証券がコールセンターの構築にあたり、「Cisco CallManager」および「Cisco Unified Contact Center Express」を採用したことを発表した。同日より運用が開始されている。

 Cisco Unified Contact Center Express は、コンタクトセンター向けのパッケージソフトウェア。ACD(自動着信呼分配)機能やIVR(自動音声応答装置)、リアルタイムレポート、ヒストリカルレポート、CAD(Cisco Agent Desktop)とCRM(Customer RelationshipManagement)の連携機能などを搭載する。

 GMOインターネット証券は、同製品を導入することで、コンタクトセンター機能をネットワークインフラと統合的に管理できるようになった。上位ルータからエッジに設定するIPフォンまで包括して安定した運用ができ、障害時にも局部的な対応ではなく全体を見据えた対応が行える。

 また同社は、今回の稼働にあたりIVRやCRMの機能を活用。ヘルプデスクの作業効率を向上したほか、小人数による効率的な運用を可能にした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]