編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

三菱東京UFJ銀行、大規模リスク管理システム構築にオープンソースの「Seasar2」を採用

CNET Japan Staff

2006-07-20 16:26

 電通国際情報サービス(ISID)は7月19日、オープンソースのJava開発フレームワークであるSeasar2が、三菱東京UFJ銀行の大規模リスク管理システムの構築で採用されたことを発表した。

 今回対象となるのは、三菱東京UFJ銀行における市場系取引のリスク管理を担う中核システム。2007年度より順次本番稼動を予定している。稼動環境には、HP ProLiant BL20pを52台連携させたブレード・サーバとにRed Hat Enterprise Linux ES4を採用する計画だ。同行のグループ会社であるUFJISがシステムインテグレーションを担当し、ISIDがSeasar2を利用したシステム開発を担当する。

 三菱東京UFJ銀行では、大規模なミッション・クリティカル・システムに先進技術を低コストで導入し、かつ開発を効率化したいというニーズがあった。そこで、UFJISとISIDは、オープンソースJava開発フレームワークであるSeasar2を提案。Java開発におけるオープンソースの先端技術の利用を、ISIDの「Seasar2商用サポートサービス」と組み合わせることで、信頼性を高めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]