エンタープライズでモバイルするには--vol.6:モバイルシステムで納期を短縮

文:David Braue(ZDNet Australia)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年12月11日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 腕時計、バッグ、財布などの製品を90カ国の小売業者を経由して販売している世界的なファッションブランドであるFossilの現地法人Fossil Australiaでは、納期短縮の必要性から大がかりな営業チームのモバイル機器導入プロジェクトを推進した。

 サプライチェーンがMyerやDavid Jonesのような大手小売業者から地方の家族経営の小売店にまでおよぶFossilにとって、顧客と常に連絡を保つことはかねてからの至上命題になっていた。

 小売業者からの注文は2006年だけでも5万件以上あり、急速に成長しているにもかかわらず、Fossilは従来の手入力のプロセスがビジネスの足を引っ張っていることをすぐに認識した。店頭営業担当者は在庫品に対する注文を現場で受け付けるのだが、それらの注文を会社の「Microsoft Dynamics NAV ERP」システムに入力するまで3〜5日かかることもあった。

 さらに問題なのが、しばしば現地の倉庫に存在しない在庫品やすでに大手の小売業者への大口出荷に割り当てられている在庫品に対する注文を受けてしまうことだった。Fossilではすべての在庫品が海外から輸送されるため、新しい注文品に対するリードタイムは月単位だった。これは特に現在のクリスマス前のような高需要期には問題だった。

 「電話、書類、ファクス機を使った非常に古いシステムだった」とNAVISION Competence Centreのアジア大洋州マネージャー、Markus Stanger氏は述べる。「バックログがあると注文を入力するのに多大な時間がかかることがあり、またオーストラリアが広大であることからかなりのリードタイムが必要だった。そして大きな問題は、それらの注文品を実際に納品できるのかどうか全くわからないことだった」

 Fossilが注文品管理プロセスの優秀なソリューションを探し始めるようになるまでに、未処理受注残高は50万豪ドルに達し、多くの顧客はどの製品がサプライチェーンを通じて納品されるかの知ることができずにいら立っていた。

現場の注文処理

 Navisionのいくつかのパートナーと協議した後で、Fossilは営業チームに自律的な権限を与える最善の方法はモバイル注文入力アプリケーション(モバイルネットワークのGPRS経由でバックエンドERPシステムに接続)を(10人以上いる)現場営業スタッフに配布することだと気づいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
モバイル

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化