編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

CIOの役割はシステム開発の3すくみ解消にある--JTBのIT推進方法論

大川淳

2009-07-31 18:01

 トレンドマイクロが開催したプライベートカンファレンス「Direction 2009」では、同社社長兼CEOのEva Chen氏が基調講演に臨んだ。

 Chen氏に続いて基調講演を行ったのは、ジェイティービー(JTB) 常務取締役 経営企画担当・事業創造担当・IT企画担当 志賀典人氏。

 「JTBグループにおける経営改革とIT戦略について〜総合旅行産業から交流文化産業への進化〜」と題し、旅行業の全体像とともに、JTBグループの経営改革の方向性、今後の長期IT戦略についての基本的な考え方、IT投資についての意思決定プロセスのあり方などを講演した。

旅行業界を変えた3つの要因

 JTBの属する旅行業界を取り巻く環境は激しい変化にさらされている。志賀氏はまず、旅行業に大きな影響を与えた3つの要因を紹介した。

  1. 人口動態
  2. ITの進化
  3. グローバル化

 1の「人口動態」では、少子高齢化が国民の総活動量を減らし、それが経済、ひいては人の移動、つまり旅行の市場をも縮小させている。また、2の「ITの進化」では、インターネットの普及により、旅行業務もウェブ経由が増加。既存事業が相対的に競争力を弱めている。さらに、3の経済の「グローバル化」によって、国境を越えた人の移動が盛んになった結果、同社の競合相手は海外にまで広がった。

 このような変化に対応するため、JTBは2006年に「事業ドメインを再定義」(志賀氏)した。それまではグループ会社を束ねたJTB本体が市場に対処していく構造だったが、分社化を実行し、持ち株会社の下に位置づけられた各事業会社が、それぞれがより直接的に業務に当たるよう体制を改めた。

 「旅行業界全体では圧倒的なシェアを持っているが、ネット経由の販売ではそうではない。専門性を活かし、市場ごとに対応できるよう再編した」(志賀氏)

JTBの情報システム「TRIPS」

ジェイティービー 常務取締役 経営企画担当・事業創造担当・IT企画担当 志賀典人氏 ジェイティービー 常務取締役 経営企画担当・事業創造担当・IT企画担当 志賀典人氏

 旅行業界のIT化の流れを振り返ると、まず、鉄道、航空事業者が、巨大な予約発券システムを構築したことにさかのぼる。一方、観光業界では、ホテル、旅館、飲食店など中小規模の事業者が多く、かつては連絡の手段は電話やテレックスなどが中心で、台帳管理も手作業だった。

 同社のような旅行事業者は、80年代からシステム導入により業務の自動化と省力化に着手し、一定の成果を上げている。

 「70年から90年までの間に物価は2.9倍に上昇しているが、同じ時期に当社の取扱高は4.8倍に、1人当たりの生産性は4.9倍に拡大している。これはコンピュータの効果だろう」と、志賀氏は分析する。

 現行のJTBの情報システムの中心は、予約、発券、在庫管理システム「TRIPS」だ。国内外のパッケージツアー、鉄道、航空などの運輸機関の利用、宿泊などを「商品」として取り扱う。

 たとえば「保有在庫数」は、国内のホテルや旅館の場合、1日あたり約9万5000室、パッケージツアーのコ−ス数はエースJTB(国内)が約3万件、ルックJTB(海外)が約10万コースだ。1日のトランザクション数は約219万件に達する。(これらの数値は2008年の実績)

長期IT戦略を策定しコスト低減と次世代旅行業モデルの実現目指す

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]