編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

画像で振り返る2012年の重大ハッキングと情報漏えい

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-12-26 07:30

 2012年には、ほとんどあらゆる業界でハッキングや情報漏えいが発生し、企業ネットワークから大量の情報が抜き取られた。これは銀行から保険会社、政府部門、果てはそういった攻撃からの保護を支援するはずのセキュリティ企業にまで及んだ。

 成功した攻撃の多くは、ハッキング集団Anonymousの一部または同集団と結びつきのある者たちによるものだったが、これがすべてではない。社会保障の記録漏えいから、パスワードやユーザー情報の保護に関するポリシーが不十分な企業が相次いで明らかになったことまで、さらに私企業による陰の諜報活動について一般市民に洞察を与えてくれた大規模ハッキング攻撃など、この記事では2012年の主なハッキングや情報漏えいについて振り返る。

 2012年には、ほとんどあらゆる業界でハッキングや情報漏えいが発生し、企業ネットワークから大量の情報が抜き取られた。これは銀行から保険会社、政府部門、果てはそういった攻撃からの保護を支援するはずのセキュリティ企業にまで及んだ。

 成功した攻撃の多くは、ハッキング集団Anonymousの一部または同集団と結びつきのある者たちによるものだったが、これがすべてではない。社会保障の記録漏えいから、パスワードやユーザー情報の保護に関するポリシーが不十分な企業が相次いで明らかになったことまで、さらに私企業による陰の諜報活動について一般市民に洞察を与えてくれた大規模ハッキング攻撃など、この記事では2012年の主なハッキングや情報漏えいについて振り返る。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]