編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Raspberry Pi」とレゴで作った「持ち運べるクラウドプラットフォーム」

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-06-27 07:30

 英語には「空中のパイ」(絵空事などの意)という表現があるが、「雲(クラウド)の中のパイ」はいかがだろうか?

 英グラスゴー大学の研究者が、レゴで作ったラックに入った56枚の「Raspberry Pi」コンピュータをつなげて、AmazonやGoogle、Microsoftなどのものをモデルとしたミニクラウドプラットフォームを作った。

 このプラットフォームは、ユーザーの目からはどのように動いているかが見えないことの多い、現代の大手クラウドプラットフォームのアーキテクチャについて、学生が学ぶことを目的として設計されている。

 「初期費用4000ポンド以下で、Linuxベースのシステムを作ることができた。研究者や学生たちは、商用のシステムに比べてわずかなコストで、実際に動いているクラウドコンピューティングインフラに触れることができる」と、同大学計算機科学科のJeremy Singer博士は述べている。

 Raspberry Piは子どもにも買えるようにと設計された、35ドルのクレジットカード大のLinuxコンピュータだ。コーディングを学ぶことへの関心を抱かせることが目的だ。2012年に発売されて以来、120万枚のボードが販売された。

 英語には「空中のパイ」(絵空事などの意)という表現があるが、「雲(クラウド)の中のパイ」はいかがだろうか?

 英グラスゴー大学の研究者が、レゴで作ったラックに入った56枚の「Raspberry Pi」コンピュータをつなげて、AmazonやGoogle、Microsoftなどのものをモデルとしたミニクラウドプラットフォームを作った。

 このプラットフォームは、ユーザーの目からはどのように動いているかが見えないことの多い、現代の大手クラウドプラットフォームのアーキテクチャについて、学生が学ぶことを目的として設計されている。

 「初期費用4000ポンド以下で、Linuxベースのシステムを作ることができた。研究者や学生たちは、商用のシステムに比べてわずかなコストで、実際に動いているクラウドコンピューティングインフラに触れることができる」と、同大学計算機科学科のJeremy Singer博士は述べている。

 Raspberry Piは子どもにも買えるようにと設計された、35ドルのクレジットカード大のLinuxコンピュータだ。コーディングを学ぶことへの関心を抱かせることが目的だ。2012年に発売されて以来、120万枚のボードが販売された。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]