KDDI、法人向けクラウドサービスを拡充--Office 365やGoogle Appsをまとめて

大河原克行 2013年10月17日 14時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは10月17日、法人向けクラウドサービス戦略を説明した。「Microsoft Office 365」と「Google Apps for Business」をクラウドサービスとして提供する。

 「これをスタートポイントとしてクラウドサービスのラインアップの拡充に取り組む。顧客が選択可能な状況を作るのが、KDDIのビジョンであり、使命である」(KDDI クラウドサービス企画開発部 部長 藤井彰人氏)とし、「KDDIでは、IaaS/PaaS/SaaSのすべてをクラウドサービスととらえており、今後、それに向けたラインアップ拡充に取り組む。早い時期に展開していきたい」と急速な勢いでサービスメニューを拡充する姿勢をみせた。

 KDDIが持つネットワークを活用し、顧客が持つイントラシステムと日本マイクロソフトのデータセンターを直接結ぶ機能も新たに提供することも発表した。

11~3月のキャンペーンでは最大2年間で月額525円を割り引く 11~3月のキャンペーンでは最大2年間で月額525円を割り引く
※クリックすると拡大画像が見られます

 「スマートバリュー for Business」で同クラウドサービスとモバイル端末をセットにした場合に最大2年間、月額525円を割り引く「クラウドセット割引キャンペーン」(11月~2014年3月末に展開)も新たに開始すると発表した。すでにスマートバリュー for Businessではクラウド、ネットワーク、モバイルの3つのサービスの組み合わせで最大24カ月を月額1480円割り引くサービスを展開している。

 「クラウドセット割引キャンペーンの割引額は、Google Apps for Businessの月額料金と同一、Microsoft Office 365の月額とほぼ同額になる。ITが所有から利用に変わる中で料金体系というスタイルの観点からも変えていくことになる」(藤井氏)

シングルサインオンなどのアドオンツールも提供

 KDDIでは選べる“3M”として、さまざまなデバイスで利用できる「Multi Device」、auの各種ネットワークサービスを利用できる「Multi Network」、そしてKDDIクラウドプラットフォームサービスとして各種クラウドサービスを提供する「Multi Use」を強みとしている。

 同社では、新たにOffice 365とGoogle Apps for Businessのクラウドサービスを提供し、Multi Useのラインアップ拡充に踏み出したが、「グローバルに展開するクラウドサービスがシェアを伸ばしており、KDDIとしても顧客の要望を受けて、この2つのサービスの取り扱いを新たに開始した」とした。

 2つのサービスに関しては、導入サポートの「SE技術支援サービス」と導入後サポートの「お客様サポートセンター」を提供。さらに「クラウドサービスとオンプレミスを連動させるなど、KDDIがクラウドインテグレータ-として、個別ソリューションを提供するといったことにも乗り出すことになる」とした。

 同社はまた、Office 365向けにアドオンツール「KDDI ネクストセットツール」、Google Apps向けに「KDDI サテライトオフィスツール」を、それぞれ11月1日から提供する。

 ネクストセットツールはネクストセットと業務提携し、サテライトオフィスツールはサテライトオフィスとの業務提携し、それぞれ提供する。「Office 365 with KDDI」と「Google Apps for Business」とセットで利用することで、多種多様な組織ワークフローの設定やシングルサインオン(SSO)によるログイン情報の統一、セキュリティポリシーにあわせた細かいアクセス制御などが可能になるという。

 ネクストセットツールは「組織ワークフロー」と「SSO」がそれぞれ1IDあたり105円、サテライトオフィスツールは「組織カレンダー」「組織アドレス帳」「SSO」がそれぞれ1IDあたり105円となっている。「アドオンツールは順次追加していくことになる」


KDDI クラウドサービス企画開発部 部長 藤井彰人氏

クラウドファーストでモバイルファースト

 藤井氏は、「新規システム導入時にクラウド活用を優先的に検討する国内企業が7割となり、グローバルのスマートデバイスの出荷台数はPCの4倍に達している。クラウドの国内市場成長率は30%以上となっている。このようにクラウドファースト、モバイルファーストの世界が到来することでITが変わり、さまざまなサービスが再定義される時代に入っている」と前置きして、KDDIが提供するサービスの意味をこう説明した。

 「必要なサービスが瞬時にモバイルデバイスに対して提供される。そして、モバイル、クラウド、ネットワークの組み合わせでライフスタイルやワークスタイルを変革させている。必要なサービスをいつでも、どこでも利用できる世界へ入ってきた。発電所で発電した電気を多くの人が利用できるようになったことで社会が変わったようなことが、ITの世界でも起こり始めている。モバイルデバイスを持ち、ネットワークを持ち、そしてクラウドを展開しているKDDIの強みが生かせる世界になってきた」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]